住まいリング させぼ

癒される!佐世保の海と夜景におすすめエリアはココ!

佐世保のおすすめスポット!夜景や海に癒やされる~300人に聞いた佐世保ランキング~

Share on

突然ですが、皆さんは普段の生活のなかでリラックスする時間を持てていますか?

今回は「佐世保であなたのおすすめスポットは?」のアンケート結果で、118名が「海が見える場所」60名が「夜空・星がきれいに輝く場所」44名が「朝日・夕日を見られる場所」28名が「森林浴できる場所」と約83%の皆さんが推してくれた“リラックス”にまつわる佐世保のおすすめスポットをご紹介します!
アンケート結果

※住まいリング編集部による独自アンケートです。
※総数N=300、1エリアのみ選択可  ※無断転載は禁止です。

仕事や家事、勉強の合間に、佐世保の海や夜景に癒やされにでかけてみましょう。

九十九島パールシーリゾート│遊覧船・水族館・動物園などが揃うレジャースポット

最初にご紹介するのは「九十九島パールシーリゾート」です。
佐世保が地元の方は、子どもの頃に一度は訪れたことのある場所ではないでしょうか?
パールシーリゾートとは、佐世保市鹿子前町にあるリゾートレジャー施設です。
“九十九島の海、島々、空、風、そして、ここに息づく生きものたち。”のコンセプトをもとに、水族館「海きらら」や動物園「森きらら」、絶景クルージング、マリンスポーツ、ショッピングなど幅広いレジャーを楽しむことができます。

パールシーリゾートの遊覧船

パールシーリゾートの目玉といえば、佐世保の代表的な景勝地「九十九島」を見物できる遊覧船です。

パールシーの船乗り場からは、
・海に映える白い船体が美しい「パールクィーン」
・まるで海賊になったような気分を味わえる赤い船体の「海賊遊覧船みらい」
その他、大型船では行けない場所を探索できるカヤックやヨットの乗船体験ができます。

九十九の島々を縫いながら進む船旅はまさに冒険!
船に揺られながら佐世保の美しい景観に癒やされることでしょう。

九十九島ビジターセンター

パールシーリゾートの敷地内に2010年にオープンした「九十九島ビジターセンター」は、西海国立公園九十九島エリアを舞台に様々な体験イベントを行っている施設です。

センターで行なわれている体験は、九十九島自然教室、九十九島サロン、バードウォッチング、漂流を使った工作、柿渋染めなど盛りだくさん。

休日には景色を眺めるだけでなく、家族や友達と佐世保の自然を感じる体験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています
子どもも大人も楽しめる!三連休は九十九島パールシーリゾート遊覧船へ

「九十九島パールシーリゾート」

住所:〒858-0922
長崎県佐世保市鹿子前町1008
電話番号:0956-28-4187
営業時間:9:00~17:00(店舗によって異なる)
定休日:店舗によって異なる
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約20分
駐車場:有料駐車場あり/約700台(第1~第5駐車場)
公式ホームページ:https://pearlsea.jp/

海きらら│九十九島の海の生物たちに癒やされる水族館

続いてご紹介するのは、パールシーリゾート内にある水族館「海きらら」です。

海きららのコンセプトは“九十九島の海を再現した地域密着型の水族館”
館内では、九十九島近海に生息する約1,000種類の生き物のなかから、クラゲ類100種類以上、沿岸のカニ類60種類以上、貝類120種類いじょうなど、さまざまな生き物を見学できます。

また、水族館では、目玉となっているイルカショーをはじめ、真珠の玉出し体験やアクアショップなどの見どころも目白押し!
佐世保の海を漂っているかのようなリラックスタイムをすごしてみてくださいね!

こちらの記事も読まれています
開館10周年!九十九島水族館 海きらら

「海きらら」

住所:〒858-0922
長崎県佐世保市鹿子前町1008
電話番号:0956-28-4187
営業時間:9:00~18:00(3月~10月)/9:00~17:00(11月~2月)
定休日:年中無休
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約20分
駐車場:有料駐車場あり/約700台(第1~第5駐車場)
公式ホームページ:https://umikirara.jp/

森きらら│可愛い動物と季節を彩る植物がお出迎えする動植物園

動物園「森きらら」も九十九島パールシーリゾートに属している施設です。森きらら01昭和36年に開園され、50周年を機に愛称「森きらら」リニューアル。
2021年時点で、動物53種、植物1,400種を展示し、古くから市民に愛されている動植物園です。

園内には可愛い動物たちが多数生活しているほか、バードショーや毎年バラ祭りが開催されるほど美しいバラであふれるバラ園が見どころ。

また、平成26年に施設された「ペンギン館」では、日本最大の天井水槽や深さ4メートルの深水槽、ペンギンの足裏を見ることができる日本初の極浅水槽などが完備され、余すことなく観察できるペンギンたちがたまりません!

元気にすごす動物たちと季節の植物が彩る森きららで癒やしのひとときをすごしてみてくださいね。

「森きらら」

住所:〒857-1231
長崎県佐世保市船越町2172
電話番号:0956-28-0011
営業時間:9:00~17:00
※動物たちの収容時間は16:30まで(12月~2月は16:00)
定休日:年中無休
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約25分
駐車場:無料駐車場あり/377台
公式ホームページ:https://morikirara.jp/

させぼ五番街│港と融合する潮風が爽やかなショッピングスポット

続いては、2013年に開業した大型複合商業施設「させぼ五番街」です。
“つなぐ街・むすぶ街”の基本理念通り、今では佐世保市のトレードマークにような街に欠かせな存在となっていますよね。「させぼ五番街」の名称は、佐世保の“三”ヶ町・“四”ヶ町商店街と佐世保駅を繋ぐ“五”番街の意味で付けられたそうです。

館内では、食品からファッション、雑貨など73店舗ものお店でショッピングができるのはもちろん、ハンバーガーショップのヒカリや福砂屋などのお土産を扱うお店も出店しています。

また、させぼ五番街の特徴といえば、港と隣接していることで見られるオーシャンビューの景色。港を散歩したり、テラス月のレストランやカフェで食事を楽しんだり、潮風に癒やされる心地よい時間を楽しんでみましょう。

こちらの記事も読まれています
快晴の佐世保港の開放感をお届けします

「させぼ五番街」

住所:〒857-0855
長崎県佐世保市新港町2-1
電話番号:0956-37-3555
営業時間:8:00~22:00(店舗によって異なる)
定休日:年中無休
アクセス:JR「佐世保駅」から徒歩1分/西九州自動車道「佐世保中央IC」から約3分
駐車場:有料駐車場あり/532台
公式ホームページ:https://sasebo-5bangai.com/

展海峰│九十九島を望める一番人気の展望台

展望台によって印象が全く違う景色を楽しめる九十九島の絶景。
そんな数ある展望台のなかで一番の人気を集めるのがこの「展海峰」です。
180度のパノラマで望めるその迫力ある景観は、地元の人から観光客までたくさんの人を魅了しています。
また、展海峰のもう一つの魅力は、展望台の下に設置された広大な園地
春の3月下旬~4月上旬には菜の花、秋の10月中旬~10月下旬には約15万本ものコスモスが咲き乱れ大勢の人で賑わいます。

絶景×季節の花々という最強タッグの癒やしスポットへ、ぜひ足を運んでみてください。

こちらの記事も読まれています
展海峰で九十九島のパノラマビューを

「展海峰」

住所:〒857-1232
長崎県佐世保市下船越町399
電話番号:0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
営業時間:ー
定休日:ー
アクセス:西九州自動車道「佐世保中央IC」から約20分/JR「佐世保駅」からバスで40分
駐車場:無料駐車場あり/114台

石岳展望台│ハリウッド映画にも使われた九十九島の名展望台

続いてご紹介するのは、展海峰と同じく九十九島の展望スポットである「石岳展望台」です。

標高191mの石岳頂上にある展望台で、他の展望台より見晴らしがよく、弓張岳より更に海が近い迫力あふれる景観が特徴的。
石岳展望台04展望台からは360度パノラマの景色が広がり、プロのカメラマンもこぞって撮影に訪れるほどです。

また、この展望台からの景色はハリウッド映画「ラストサムライ」の冒頭で使用されていることでも有名。
映画の世界に入り込める絶景をぜひお楽しみください。

こちらの記事も読まれています
佐世保地域で子連れで遊べる公園や親子でも楽しめるあそび場

「石岳展望台」

住所:〒857-1231
長崎県佐世保市船越町2277
電話番号:0956-22-6630
営業時間:ー
定休日:ー
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約15分
駐車場:無料駐車場あり/30台

ハウステンボス│楽しみ方無限大!日本一広大なテーマパーク

全国でも名のしれた日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」
佐世保市民にとっては、成長過程でいろんな思い出が残っている場所なのではないでしょうか。

レンガ造りの建物がレトロな園内では、数々のレストランやショップ、美術館が点在し、本格的なリゾートライフを満喫することができます。
毎年のように進化していくアトラクションも見どころ満載!
さらに、夜には景色が“光の王国”へと一変し、四季折々のロマンチックな景色を楽しむことができるでしょう。

また、せっかくハウステンボスに気軽に出かけられる佐世保にお住まいなら、季節のイベント時に入園するのがおすすめです!
チューリップ、バラ、紫陽花、ゆり、桜と好きなお花で園内があふれる時期を狙ったり、花火大会、ハロウィン、クリスマスなどお気に入りのイベントを楽しんでみたり。
日本最大級の規模で見られる癒やしの景観で、たくさんの思い出を作りましょう!

こちらの記事も読まれています
「30年分の感謝」を伝えたい!ハウステンボスから未来へ

「ハウステンボス」

住所:〒859-3292
長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
電話番号:0570-064-110(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)
営業時間:9:00~22:00
定休日:年中無休
アクセス:JR「ハウステンボス駅」から徒歩5分/JR「佐世保駅」から電車で20分
駐車場:有料駐車場あり
公式ホームページ:https://www.huistenbosch.co.jp/

弓張岳展望台│佐世保市街が一望できる定番夜景スポット

佐世保市の市街地を一望できるスポットといえばこの「弓張岳展望台」です。
東側に見える佐世保の街をはじめ、西側には遥か五島灘や九十九島の島々、南側には佐世保港が見渡せる絶景を楽しむことができます。

また、地元の人に人気なのは弓張岳展望台からの夜の景色
港に揺れるきらきらした夜景と星空は、疲れが吹っ飛んでしまうほどの癒やし絶景です。
展望台まではくねくねとした山道が続くので、ドライブスポットとしてぜひ利用してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています
佐世保を一望!弓張岳展望台

「弓張岳展望台」

住所:〒857-0065
長崎県佐世保市小野町
電話番号:0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
営業時間:ー
定休日:ー
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約20分
駐車場:無料駐車場あり/77台

烏帽子岳│山の大自然に囲まれた多目的レジャースポット

「烏帽子岳」は“佐世保富士”とも呼ばれる佐世保を代表する山の1つです。
烏帽子岳10佐世保では、学校の遠足やレクリエーションにもよく利用されるこのスポット。
山頂付近は西海国立公園に指定されており、休日にはレジャーを楽しむ人で賑わっています。

そんな園内には、パークゴルフやストリートバスケットなどのスポーツ施設をはじめ、あじさい園、冒険広場、大芝生広場、ドッグランなどの公園施設、ゴーカート、ボールプール、おもしろ自転車などのアトラクション施設など魅力的なスポットが盛りだくさん!
また、バーベキューハウスのエリアでは、自然のなかで家族や友達と食事をすることができます。

お子さんがいらっしゃる方はもちろん、ドライブスポットとして気軽に立ち寄ってみるのもいいでしょう。多目的な利用ができるので、気分に合わせてリフレッシュできるレジャーを楽しんでみてくださいね。

また、烏帽子岳は隠れた絶景スポットでもあります。烏帽子岳05弓張岳のような展望台はありませんが、頂上のコンクリート製の階段から見えるのは360度の眺望。佐世保市中心街や早岐地区、大村湾まで見える佐世保の景観一見の価値ありです。

「烏帽子岳」

住所:〒857-0001
長崎県佐世保市烏帽子町128
電話番号:0956-24-6669
営業時間:9:00~18:00(4月~9月)/9:00~17:00(10月~3月)
定休日:毎週木曜日(祝日を除く)、12月30日~1月2日
アクセス:JR「佐世保駅」から車で約15分
駐車場:無料駐車場あり/400台
公式ホームページ:www.sasebo-eboshi.net

させぼシーサイドパーク│佐世保港の景観を満喫できる公園

佐世保の海を眺めながらのんびりすごしたい方なら「させぼシーサイドパーク」がぴったり!

させぼシーサイドパークはJR佐世保駅から徒歩5分、佐世保鯨瀬埠頭に位置している公園です。
園内には巨大な錨のオブジェや海沿いの遊歩道など、港の景観を満喫できるつくりになっています。

また、園内からは連絡船や米海軍の戦艦の往来を見ることができ、子どもから大人まで見物を楽しむことができるでしょう。
ベンチに座ってぼーっとすごしてみたり、海を眺めながら会話を弾ませたり、思い思いのリフレッシュ時間をすごしてみてくださいね。

こちらの記事も読まれています
快晴の佐世保港の開放感をお届けします

「させぼシーサイドパーク」

住所:〒857-0855
長崎県佐世保市新港町8-23
電話番号:0956-22-6127(佐世保市港湾部みなと振興・管理課)
営業時間:ー
定休日:ー
アクセス:JR「佐世保駅」から徒歩5分/西九州自動車道「佐世保みなとIC」「佐世保中央IC」から約5分
駐車場:なし

川棚魚雷発射試験場跡│戦争の歴史が刻まれたパワースポット


最後にご紹介するのは、少しテイストの違う戦争の歴史が刻まれたスポット「川棚魚雷発射試験場跡」です。

このスポットがあるのは、東彼杵郡川棚町の大崎半島の対岸に伸びた緑豊かな半島である片島。
1918年に建設され、佐世保海軍工廠や川棚海軍工廠で作られた魚雷の性能試験が行なわれていた場所です。

敷地内には現在でもレンガ造りの建物が残されており、自由に見学に訪れることができます。
戦争跡地という考えさせられるスポットであるのとは裏腹に、廃墟と化している建物が緑に飲み込まれている景観はどこかパワーを貰える不思議な景観。
川棚の海とのコントラストも美しく、歴史を感じられる景色は一度は見ておきたい場所となっています。

また、この場所は細田守監督の映画「バケモノの子」のワンシーンのモデルにもなった場所としても有名です。
細田監督の世界観を体感してぜひ足を運んでみてくださいね。

こちらの記事も読まれています
戦時中に想いを馳せれば聞こえてくる。魚雷発射試験場跡

「川棚魚雷発射場試験場」

住所:〒859-3617
長崎県東彼杵郡川棚町三越郷
電話番号:0956-82-3131(川棚町役場)
営業時間:ー
定休日:ー
アクセス:JR「川棚駅」から車で約10分
駐車場:無料駐車場あり

まとめ│心も体も癒やされる佐世保のお気に入りスポットを見つけよう!

佐世保に点在している癒やしスポットの数々、いかがだったでしょうか?
自然やレジャー、歴史スポットなど、佐世保の美しい景観のなかで自分のお気に入りのスポットを見つけてみてくださいね。

0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示

Share on

PAGE TOP