住まいリング させぼ

広場で話す親子

UIJターンとは︖デメリットやメリットは︖佐世保市のサポート体制

「住まいリングさせぼ」編集部長

橋本鎌嗣(ニックネーム:もっちゃん)
「住まいリングさせぼ」編集部長

佐世保生まれ、一児のパパ。サイト監修者であり、佐世保・小値賀「海風の国」観光マイスター。宅地建物取引士の資格も有し、不動産や住まい、暮らしのアドバイスも。「佐世保に住もうよ!愛する地元の魅力をもっと伝えたい!!」

Share on

都会から地方へ移住について調べていくと、Uターン・Iターン・Jターンという言葉について耳にしますが、これらの言葉は都心から地方へ移住する際、成人するまで育った地域からの移動の流れと移住先によって使用する言葉が分かれきます。

そこで、Uターン・Iターン・Jターンの意味を説明すると共に、都会から地方へ移住する際のメリット・デメリットや、佐世保市内での就職に関するサポート施設を紹介していきます。移住に関するメリット・デメリットを把握しながら、UIJターンに向けて参考にしてください。

Uターンとは?

進学や就職を理由に地元である地方から都市圏へ移住ていった人が、生まれ育った元の地域で再就職して戻ってくることを指します。例えば、佐世保市出身の人が、東京へ進学や就職で一旦離れたものの、再び佐世保市内に戻って就職することをいいます。

Iターンとは?

都会で生まれ育った人が、進学や就職をきっかけとして、ゆかりのない地域へ移住・就職することを指します。例えば、東京出身の人が黒島や高島へと移住する人などが、Iターンに当てはまります。

Jターンとは?

UターンやIターンに比べてわかりにくいのがJターンです。こちらも地方への移住・就職を指す言葉として使っていきます。

Jターンは、進学や就職をきっかけに、地方から都心部へと移り住んだ人が、地元ではなく地元近郊の地方都市に移住することです。例えば、佐世保市で生まれ育った人が、進学や就職をきっかけに東京へ移住したのち、福岡市へ就職・移住することがこのJターンに該当します。

UIJターンのデメリット

田舎の風景

収入ダウン

UIJターンのデメリットとして真っ先に取り上げられるのが、やはり収入がダウンしてしまうことです。移住する地方先にもよりますが、たとえ同じ職種でも、地方に移住すれば、賃金は数万円以上少なくなると可能性が高いでしょう。そのため、生活費の見直しを行う必要があります。

しかし、職種や移住する地域によっては、大手企業の工場が進出しており、技術者を求めている場合があります。そういった企業では、都心で住んでいた頃に近い賃金で採用される可能性もありますので、自分の職種の賃金について移住前にしっかりとリサーチしてみることも大切です。

就職先が少ない

都心部と地方で求められる職業は異なります。
例えば、都市部では重宝されていた特殊もしくは専門技術を持っていても、地方ではその特殊・専門性の高い職種が求められていないケースも少なくありません。

他にも、就職希望の面接試験を受けられたとしても、会社側から技術に見合った給与を支払えない、持っているスキルを生かすことが難しいと、遠回しに断られるケースも少なくありません。

残念ながら、都心部に比べると地方の就職就職先の幅はあまり広くないといえますが、探していけば自分に合った就職先を見つけることも可能ですのであきらめずに探していってください。

都心部のような便利さがない

都心に住んでいた頃は、百貨店や美術館、博物館や観劇やライブなど気軽に足を運ぶことができまが、地方にはこういった娯楽施設が少ないです。

さらに住んでいる場所によっては、映画館やカラオケなどもない為、半日から1日かけて足を運ぶ可能性もあります。他にも日用品によっては、都心より品揃えが悪いため、手に入れやすかったものが手に入れにくくなります。ショッピングでは、ネットも同時に活用することをおすすめします。

車の維持費が高くなる

都会に移住すると、JR・地下鉄・私鉄やバスなどの公共機関が発達していますが、地方では、人口減少などの影響で公共交通機関は減便・廃線など減少傾向にあります。そこで必要になるのが車です。

地方に住む場合、車は必需品で、車がなければ通勤はもちろん買い物や病院への通院なども難しくなりがちです。地方では、一世帯で2台所有している家庭が多い傾向あり、家族の年齢によっては一人一台ずつ所持する場合も考えておいたがいいかもしれません。

そのため、都心に住んでいるときと比べ、車の維持費が高くなる可能性は想定しておいてください。

駐車場の確保が必須

車の維持費の維持費と共に、駐車場の確保が必須になってきます。

地方に行けば、夫婦で一台づつ車が必要可能性が高い為、住居を賃貸・購入どちらの方法を取るにしても駐車場を2台以上確保しておかなくてはいけません。そこで住居に一台、近隣の月極め駐車場でもう1台で検討してもいいですが、月極め駐車場は住む場所によっては近くにない場合もあるので住居内での2台確保がおすすめです。

UIJターンのメリット

散歩する男の子

子育て環境が良い

UIJターンのメリットとして最初に挙げられるのが、子育ての住環境がいいことです。都心部ではなかなか触れることができない四季折々の自然を感じるだけでなく、この自然を利用した遊びおこなうことができます。

虫取りや山あそび、海水浴など、アクティビティな遊びを取り入れながら、伸び伸びとした子供の成長を見守ることができます。

支援制度の利用

人口減少が問題となっている地方では、新しい働き手を常に求めている状態なので、各自治体は新規移住者を受けいれるために、様々な支援制度を設けています。

例えば、「移住支援金」ともがあります。佐世保市では、他地域から佐世保に移住し、就職した人を対象に「佐世保移住就業支援助成金」を設けており、移住者の引っ越しにかかる費用の負担を行っています。他にも、大学生や若者向けに地方体験交流のプロジェクトを国土交通省が紹介しています。そういったプログラムを体験して移住を検討してみることもおすすめです。

この記事もよく読まれています
長崎県佐世保地方への移住なら子育てサポートや助成金・補助金も充実

物価や地価が都心部に比べて安価な傾向

地方で魅力的な部分として挙げられるのは地価が安価であること。

例えば、東京都港区での住居地の最高価格は281万円/㎡、佐世保市内の住居地の地価最高価格は約4万2千円と金額の差が大きいです。そのため土地を購入する際のハードルが低くなりますので、将来的に戸建での購入を視野に入れた移住を検討することもできます。(参考:国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

通勤が短縮できる可能性大

都心部では、通学・通勤時間に1時間以上要する人が多いでしょう。しかし、地方では、この通勤・通学時間を短縮できる可能性が大きいです。住む地域にもよりますが、家から会社までの通勤時間が1時間以内に抑えることもできます。

また、バスなどの公共機関を利用した場合、都心と比べると混雑していない便もありますので、ゆっくりと座席に座っての通勤もできるかもしれないので通勤の負担は軽くなります。

アウトドアを気軽に楽しめる

地方は、都心でのよううなお出かけスポットは充実していませんが、アウトドアが好きな人であれば、気軽に釣りやキャンプ、トレッキングなどアウトドアを楽しむことができます。なぜなら、海や山に面している地域が多い為、アウトドアスポットが充実しているからです。

場所によっては、設備がしっかり整備されているのでドライブのついでにアウトドアを楽しめるような場所もあります。気軽に散策できる場所も多いので、ドライブをしながらそういった散策場所を見つけてみましょう。

この記事もよく読まれています
佐世保のおすすめスポット!夜景や海に癒やされる~300人に聞いた佐世保ランキング~

UJIターンのお仕事探しをサポート「させぼお仕事情報プラザ」

UJIターンを考えた時に多くの方が問題の一つとなる移住先での就職。遠方での就職活動は、「その地へ行く時間がない」「その土地のことをよく知らない」など、不安がたくさんありますよね。

佐世保市には、佐世保での仕事を探している方へ向けた「させぼお仕事情報プラザ」というサポートがあります。

佐世保で仕事を探している方

させぼお仕事情報プラザでは、佐世保市内の企業への就職あっせん、職業相談、企業情報提供を行っています。

佐世保市を移住先として検討している人にとって、就職先を見つけることはとても重要ですよね。佐世保での就職先を探す際にはぜひ利用してみてください。またUJIターン希望の方だけでなく、出産や子育て、介護などで仕事を離れていた方女性の再就職の相談をすることができます。

利用方法

させぼお仕事情報プラザでは就職コーディネーターの方が仕事を探している方の相談に乗ってくれます。電話で就職相談の予約をすることができます。

相談予約

電話番号 0956-76-7713
利用時間 9時~17時 (相談受付は16時30分まで)
休み 土日祝・年末年始

させぼお仕事情報プラザは、県外にお住まいの方に嬉しいオンライン相談が可能です。わざわざ佐世保まで足を運ぶことなく就職相談ができるのは嬉しいですね!※オンラインの場合は、メールか電話での予約が必要

オンライン相談予約

電話番号 0956-76-7713
メールアドレス syouko@city.sasebo.lg.jp
電話受付時間 9時~17時
相談方法 ZOOMを利用

UJIターン就職決定状況

させぼ情報プラザを通じて就職が決まった方の男女の人数は、
男性・83名/女性・61名

年代別にみると20~40代の方が多いですが、
10代・1名/20代・38名/30代・39名/40代・35名
50代・18名/60代・11名/70代・2名
10代から70代の方まで様々な年代の方が利用していることがわかります。

就職先はサービス業と製造業が多い傾向にありますが、医療系や清掃業など多種多様な職種に就職されているので、安心して相談することができそうです。(参考元:佐世保の企業情報サイト

UJIターン相談「長崎県人材活躍支援センター佐世保」

長崎県人材活躍センターでは長崎県内での就職を希望している方へ向けた就業支援を行っています。ハローワークと連携しているので就職相談や職業紹介の支援が可能です。

ジョブなび長崎

長崎県人材活躍センターのホームページであるジョブナビ長崎では、人材活躍センターの利用方法や職種などから探すことができる求人検索、長崎県内の企業の特集インタビューを見ることができます。

若年者やシニア、ひとり親などニーズが違う方々のそれぞれの支援先へつなぐの架け橋となっています。(参考元:ジョブなび長崎

この記事もよく読まれています
佐世保市に移住する前に。仕事探しをサポートしてくれる環境も充実!

まとめ

UIJターンは、都心部から地方へ人を移動させる大切な流れです。
コロナ禍で在宅ワークが主流になった企業の方や家族との関わりを見つめ直した方は、地元や都会から離れた場所へ移住するUIJターンを考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、UIJターンにはメリットに加え就職先などのデメリットがあることも事実なので、その不安を一つ一つ解決して気持ちよく佐世保に住んでもらいたいです!

佐世保は海や山に囲まれた自然豊かな土地です。子どもも大人も住みやすい街を目指した支援も多くあるので、地元ではない、知り合いがいない、という方でも安心して暮らすことができます。このような支援を利用して佐世保に移住する方が増えるといいなと思います

0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示

Share on

PAGE TOP