住まいリング させぼ

【うちを飾ろう】厳選した100均アイテムで”高見え”する春のリースをDIY

Share on

今日は、久しぶりに!!!
好評いただいている100均DIYに挑戦しましたので、そちらをシェアしたいと思います。

20度を超えるような暖かい日もあって、春の足音を確実に感じる今日この頃。
インテリアデコレーションにも春らしさを徐々に取り入れていきたいと思い、久しぶりに100均グッズを使ったDIYに挑戦することにしました。

春らしい優しいピンクをテーマに

私の大好きな某コーヒーショップでも、「桜」をテーマにしたドリンクやフード、グッズが販売されていて、店内もすっかり春の装いです。

普段、洋服にもインテリアにもピンクはあまり取り入れないのですが、やっぱり一応女子(?)なので、こういう綺麗なピンクには心が躍ります。

そこで今回は、この春らしい、優しいピンクをテーマにして、春のリースを作ってみることにしました。

例によってDAISOseriaで材料を購入してきました。

花材は、100均の造花だと正直チープなものも多いので、なるべく繊細で安っぽくないものを厳選してきました。
ちなみに白い木の枝のリースは、私が行ったDAISOではハンドメイドのコーナーではなくウェディングのコーナーにありました。

本当は桜だけでリースを作ってみたいなとも思っていたのですが、桜は・・・さすがに100均だとなかなか見つからないですね。アクセントに使うくらいなら大丈夫かなと思い少しだけ買ってきました。

写真にはありませんが、以前の100均DIYと同様、グルーガンとグルースティック(透明のもの)を使って製作します。

一輪挿しに使えるような茎の長い造花も、リースに取り付けるため思い切って短くカットします。

茎の下の方についていた葉も切り離して花の近くにグルーで接着します。

茎にグルーを付けて、リースに接着します。
木の枝のリースなので、枝と枝の隙間に差し込んでも良いのですが、思い通りの位置に花が来るようにするのが難しい場合はこのように直接グルーで付けました。

差し込んだり、グルーで付けたりして思い通りの位置に固定していきます。

隙間なく、お花の密度を高くすると、高見えすると思います。
桜も、密集させたら思った以上に良い感じでした。

途中、持ち上げてバランスを見ながら。
一番大きなバラを真ん中にして、左右に徐々に小さいものを配置していき、その後、葉物(ユーカリなど)をアクセントに入れていきます。

お花や葉っぱだけではなく、今回は桜色のパールのピックも少し配置しました。

小さな鳥のオブジェなんかもあると可愛いなと思ったのですが・・・さすがにそんなに都合よく望み通りのものが見つかるわけではありませんね(笑)

白いリースには元々この白いリボンが付いていたのですが、今回はリボンの部分をちょっと変えてみようと思い、白いリボンは外しました。

代わりに、ストライプでちょっと幅広のリボンを。
こんな風に縦にリボンを付けてあるものをどこかで見かけて素敵だなと思ったので、早速取り入れてみました。
そして、ストライプで少しモダンというかポップな感じを出したいなと。このリボンはseriaで購入しました。厚みもしっかりあって、これが100円で買えるなんてありがたいですね!

春のリースが完成♪

というわけで、春のピンクのリースが完成しました!

下半分にだけ装飾を施したリース、ハーフリースと言うのかな。右下とか左下に装飾を偏らせるタイプも素敵なのですが、重さに左右差が出るため、吊り下げた時のバランスが難しいので、今回は真ん中にしました。

我ながら、素敵に出来たのではないかと思います!!!(いつもの自画自賛タイム)

早速、前回の記事で紹介したマイデスクの横の壁に飾りました。

番外編・・・デスクの花瓶に飾るお花も、100均で買ってみました。
こちらはくすみグリーンとくすみパープルの色合いで。

もちろん、生花には敵いませんが・・・花材のクォリティをしっかり吟味して選べば、100均のアーティフィシャルフラワー(造花)でも素敵なインテリアアイテムができそうですね!

今回も、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Share on