住まいリング させぼ

必見!佐世保バーガーだけじゃなかった?!佐世保暮らしの深イイ魅力とは。

Share on

長引くコロナ、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自粛生活中、「大切な人との時間」に気づかされたり、「ずっとやりたかったこと」について考えたり・・・。
漠然と「理想のライフスタイル」を思い描いて、故郷へUターン、二拠点生活、週末移住など、多様な暮らし方に興味を持った方もいらっしゃるかもしれません。「移住ライフ」も悪くないかも?「まさに考えていた所・・・」なんて方はいらっしゃいませんか?

そんなあなたに、ぜひお伝えしたいのが〝日本最西端の街〟佐世保の魅力です。
港街「佐世保」は、あなたのクオリティ・オブ・ライフを叶える選択肢 の1つとなるかもしれません!

「佐世保」と言えば・・・!!

皆さんは「佐世保」といえば、何をイメージしましたか?
Instagramで検索すると、#佐世保バーガー#佐世保スイーツなど映えグルメ〟が出てきますよね。
なんといっても有名なのは、#長崎ハウステンボス かもしれませんね。

#佐世保バーガーの老舗「LOGKIT」さん。駅でテイクアウトもできます。美味〜!!

#護衛艦カレー!!!お土産としても有名です!

実は、私もこの街をじっくりと知るまでは・・・正直なところ、佐世保バーガー食べたいなあとか、海軍の人が多くてアメリカンな雰囲気がある?異国情緒がある街なのよね?とか、それぐらいの知識しかありませんでした。

〝佐世保で仕事をしている自分〟

〝佐世保に住んで生活をする自分〟

リアルに「暮らす」のはどうなの?住みやすいの?
まるで、想像もつかなかったのです。

しかし、実際にじっくりと訪れてみると、ノスタルジックな雰囲気のある商店街、活気ある魚市場、ステンドガラスが美しい教会、海風が気持ちの良いハーバー、ワンコ連れのカップルや子供連れのファミリーの姿・・・。
想像していた「ハンバーガーとARMYの街」ではなく、海山の自然に囲まれた土地とあったかい下町情緒がありました。

今では、港に面したカフェのテラスでコーヒーを飲みながら、macを開いてノマドワークをしている時間がお気に入り。ゆるやかに穏やかに、時が流れる感覚に癒されています。
夕飯の買い物に商店街へ行くと、気さくに話しかけてくれる八百屋のおばちゃんにふと懐かしい気持ちになれたり。とにかく、人も、街も、あったかいのです。

ささやかな日常を重ね、私の中で、ここで「暮らす」という実感が徐々に湧いてきました。

 

ライターお勧めの「佐世保暮らし」の魅力3つ

現在、私はwebデザイナー兼ライターとして佐世保の小さなプロダクションでお仕事をしています。

長く東京で多忙な20代を過ごし、30代になって地元の福岡にUターンで帰省。そろそろ落ち着いて仕事がしたいなあと思っていた時に、ひょんなことから、佐世保取材の話をいただき訪れてみたことがきっかけでした。知れば知るほどディーブな文化があり、街も人も魅力的で佐世保の虜になった私。そこから思い切って移住を決めました。
そんな自分がみた〝佐世保暮らし〟の魅力を、初心者のあなたへお伝えしたいと思います。
本日は、3つのポイントをご紹介しますね。

1:海と山を満喫!週末は離島アウトドアへ

JR佐世保駅の港口を出ると、徒歩1分で港と公園が見えてきます。
海に面した場所には約83店舗が出店する大型ショッピングモール「五番街」があります。
「うみ・ひと・まちがつながる」がコンセプトになっており、市民だけではなく県外から訪れる方もショッピングや食事を楽しめます。

また、ここからは離島への船のターミナルもあり、フェリー船がたくさん行き来しています。
週末は少し足を伸ばして〝島巡り〟に出かけるのもおすすめ。
釣りが好きな方は#海釣りに、バイクが好きな方は#バイクツーリングもおすすめです。とっておきの海の幸を求めて#グルメ探検もイイですね。海のあるライフスタイルが好きな方、週末はアウトドアを楽しみたい、なんて方にはグッとくること間違いなしです。

佐世保駅から車で約15分ほどのところにある「弓張岳」は気軽に行けるハイキングコースです。山頂の展望台からは米海軍の船や自衛艦の艦船、造船所、佐世保港が一望できます。
あの「ラストサムライ」の映画ロケにも使われた九十九里島も見渡せる絶景です。
サンセットタイムは夕日がとっても美しいですよ。そして夜は・・・ロマンティックな夜景が!

サンセットの海だけでなく夜景も楽しめるなんて、たまりませんよね。

2:生活至便!新鮮な魚も肉もお惣菜も揃う「日本一の商店街」

さて、実際に〝暮らす〟となると気になるのがお買い物事情。そして、物価かもしれませんね。
慣れない土地でどんな食材が揃うのか・・・地元食材も気になる所です。
佐世保駅前には大型ショッピングモールもありますが、実は「日本一のアーケード」と言われる商店街があります。これがなんと、すごいのです。

佐世保「四○三アーケード」は、日本各地にある商店街中で日本一の長さを誇る商店街!

その距離、なんと約1km。
約180店舗が立ち並びます。現在はコロナで営業時間は変動していますが、周辺には朝まで営業している飲食店などもあり、外食も楽しめます。
新鮮なお魚や野菜、お惣菜がリーズナブルに揃う店もあり生活には本当に困りません。
昔ながらの#洋食店#JAZZ喫茶 #JAZZBARなど昭和レトロな歴史あるお店もたくさんあります。
都会のマンション暮らしでは、なかなかできない老若男女との交流が叶う場所でもあります。

名物#レモンステーキ やみつきの味!

3:キリシタン文化とカトリック教会

佐世保は歴史的にカトリック信徒が多く住んでいます。
写真の美しいゴシック建築物は「三浦町カトリック教会」です。高台にあり、街のシンボルとなっています。

教会前には、愛に溢れたマザーテレサの言葉があり、教会堂のステンドグラスも雰囲気がありますよ。
気軽に訪れられる場所ですので、覗いてみてください。神聖な気持ちになれるはずです。

いかがでしたか?
少しは「佐世保」に興味を持っていただけましたでしょうか。
まだまだ、密かなおすすめスポットがたくさんあります!
このメディアでは、そんな隠れた佐世保暮らしの魅力や暮らしに役立つ情報などを様々な角度からお伝えしていきたいと思います。ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

Share on