住まいリング させぼ

セリアの引き出し用つまみで解決!家具の雰囲気を替えるDIY。

「住まいリングさせぼ」編集部長

橋本鎌嗣(ニックネーム:もっちゃん)
「住まいリングさせぼ」編集部長

佐世保生まれ、一児のパパ。サイト監修者であり、佐世保・小値賀「海風の国」観光マイスター。宅地建物取引士の資格も有し、不動産や住まい、暮らしのアドバイスも。「佐世保に住もうよ!愛する地元の魅力をもっと伝えたい!!」

Share on

今日は9月の記事 キッチンが狭すぎる!そして我が家から勝手口が消えた! から1ヶ月経った、我が家のキッチンの様子をお伝えします。

キッチンの様子・おさらい

キッチンのあまりの使いにくさに、勝手口を潰してキッチンボードを置いたときの写真がこちら。


キッチンの使いやすさは抜群になったのですが、右のフレンチカントリー調のカウンターワゴンと、左の昭和レトロのキッチンの調和が取れていないのが気になりました。
そこで、壁紙シールを使って統一感を出したのが、前回までのお話でした。

これだけでも満足だったのですが、やはり写真左の、昭和レトロの名残を残す取手を替えたくなってしまい、ホームセンターへ買いに行くことにしました。

どんなタイプの取手にしようかな♪なんて考えながらホームセンターへ足を運ぶと、取手にはそんなに選択肢が無いことがすぐに分かりました。
これだったら、新しいものに付け替えても大して代わり映えしないなとがっかり・・・
いくら世の中でDIYが流行っていると言っても、そんなに需要が無いのでしょうか。

ただ、替えたいと思ったらどうしても諦めきれない性格の私。
DIY好きの友達に尋ねてみると、意外にも、セリアいろいろなタイプの取手があると教えてもらいました。

セリアの引き出し用つまみ

確かに、セリアに行くと木製やアンティーク調、クリスタル調、陶器製など、ホームセンターよりも圧倒的に可愛くておしゃれな物が沢山あるではないですか!
一気にテンションが上がりました。
しかも、1つ100円と言うのもありがたい。

右のキッチンカウンターに合わせて、シンプルなアンティーク調のタイプを選びました。

早速取り付けにかかります。

ビフォー/アフター

ビフォー【交換前】

アフター【交換後】

やっぱり全然見栄えが違います。
繋ぎ目の所の茶色い色も気になっていたので、マスキングテープで色合いを整えました。

キッチンの統一感が増して気持ちもすっきり、台所仕事も一層はかどるようになったかな!?

初めての取手交換でしたが、ドライバー1つあれば、古いものを外して新しいものを穴に差し込んでつけるだけなので、本当に簡単で、あっという間に出来てしまいます。

インテリアをちょっとだけ替えたいと思っている方には、取手はおすすめのアイテムですよ。

こちらの記事も読まれています
▶︎キッチンの大きな窓って、どう飾る?カフェカーテン風にDIY。

0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示

Share on

PAGE TOP