住まいリング させぼ

バーガーボーイ

地元民もおすすめする人気の佐世保バーガー!

Share on

今やすっかり全国的に有名になった佐世保バーガー。佐世保っ子にとっては常に身近な存在で、佐世保バーガーを食べて育ったと豪語する方も。

佐世保を歩けばあちこちで見かける佐世保バーガーの看板ですが、見た目も味も色々あって迷ってしまいますよね。

そこで今回は、地元民おすすめの佐世保バーガーをいくつかご紹介したいと思います!人気の佐世保バーガーを、食べ比べてみてくださいね。

佐世保バーガーとは?

ハンバーガー伝来の地、佐世保。本場アメリカのレシピが佐世保に伝わったのは1950年ごろと言われています。米軍基地がある佐世保には様々なアメリカ文化が根付いていますが、ハンバーガーもそのひとつ。本場アメリカの味は米軍関係者だけではなく佐世保市民にも広がりました。

佐世保バーガーやがて「佐世保のハンバーガーがおいしい!」と全国的な話題に。そんな中、2007年に「佐世保バーガー認定制度」が創設されました。

認定の条件は「地元の食材を使用」「独自性や主体性がある」「手造り」「注文を受けてから作る(作り置きしない)」「オリジナルソースを使用」「佐世保市内に店舗や工場がある」など。それらをクリアすると「佐世保バーガー認定店」となり、マスコットの「バーガーボーイ」が店頭に飾られます。

現在25店舗ほどが認定店として佐世保バーガーを提供。あえて認定をとらない老舗店もあり、どの店に行ってもオリジナルで新鮮、出来立てほやほやのハンバーガーを味わうことができるのです。

BigMan

1970年創業、佐世保バーガー老舗店のひとつ、BigMan。店舗はアーケードから外れていますが上京町の目立つ場所にあります。佐世保っ子にとってはBigManがそこにあるのは当たり前の光景。「佐世保バーガー」という名称が生まれるずっと前から、おいしいことで有名なハンバーガー店です。

BigManはベーコンエッグバーガー発祥の店。一番人気はやはりベーコンエッグバーガーでしょう。創業者がホテルで食べたベーコンエッグの美味しさをハンバーガーに閉じ込めた逸品で、ベーコンはBigManこだわりの自家製。バンズもオリジナルレシピで焼き上げています。

行列ができる店としても有名な「BigMan本店」の所在地は佐世保市上京町7-10(電話0956-24-6382)。営業時間は9:00~20:00、座席数は15席です。他に佐々、大塔、島瀬、宮地などにも店舗があります。

Stamina本舗Kaya

白くてカリッと香ばしいバンズが特徴的な、Stamina本舗 Kayaのハンバーガー。看板商品は有田鶏を使ったチキンかつれつバーガーです。美味しくてボリュームたっぷり、昔からのファンが多いのも頷けます。皮付きのブライドポテトも人気ですよ。下校時に友達と立ち寄ったり、お買い物ついでに購入した、という思い出を持つ佐世保っ子も多いことでしょう。

Stamina本舗 Kayaがあるのはイオン佐世保白岳店の前(佐世保市大和町113-2)。丸太を積み上げたログハウス風の、小さくとも雰囲気ある店舗です。テイクアウトのお店ですが、そばに設置されているベンチでゆっくりいただくことも可能。営業時間は10:00~20:00、予約などお問い合わせは電話(0956-34-4181)でお願いします。

KORONSaseboBurger&Cafe

佐世保ならではの甘いマヨネーズが美味しいと評判なのが、KORONSaseboBurger&Cafeのハンバーガー。KORONの理念「美味しいものを、お手頃にお腹いっぱい召し上がって頂きたい。そして楽しい時間を過ごして頂きたい」そのままの、ボリュームたっぷりなメニューが並びます。

KORONがオープンしたのは2014年、もともとは回転焼きとタコ焼きのお店でした。その後佐世保バーガー専門店となり人気店に。しかし2020年9月の台風で倒壊。支援募金などの助けもあり、2020年11月にリニューアルオープンすることができました。カレーや定食など様々なメニューも加わり、さらに充実しています。

KORONはマルキョウ黒髪店の向かい(佐世保市日宇町2578-8)に店舗を構えています。営業時間は10:00~20:00。テイクアウトが中心ですが、イートインも可能。3組入ったら満席になってしまうので電話(090-1342-5602)で予約しましょう。

ハンバーガーショップヒカリ

全国的にも佐世保バーガーの老舗として有名ハンバーガーショップヒカリが営業を始めたのは1951年のこと。米軍関係者に勧められ、米軍基地の門の正面にお店を構えたことが始まりでした。当時、ハンバーガーを提供する店は市内に20件ほどありましたが、現在も残っているのは「ヒカリ」と「ブルースカイ」だけなのだそう。

ヒカリのハンバーガーは、普通サイズがビーフベース、ジャンボサイズがあっさりめのチキンベースのミンチを使用。トッピングはチーズ・ベーコン・エッグの3つから選べます。一番人気なのが3つとも入ったスペシャルバーガーです。

ヒカリは現在、本店(佐世保市矢岳町1-1)と佐世保五番街店(佐世保市新港町3-1)の2店舗で営業しています。イートインスペースとして、本店にはカウンター7席、佐世保五番街は15席。予約注文は電話(本店0956-25-6685、佐世保五番街店0956-22-0321)で可能ですが、週末や祝日など混雑時には対応ができないことも。本店の営業時間は10:00~20:00、佐世保五番街店は10:00~21:00です。

バーガーショップあいかわ

「世界一おいしいハンバーガー」を目指して研鑽を続けているハンバーガーショップあいかわお肉屋さんが経営していることでも有名で、長崎和牛を100%使った自社加工のパティは大人気です。特に「長崎和牛A5サーロインステーキバーガー」は自慢の逸品。パティだけでなくバンズも具材もこだわりぬいた贅沢なハンバーガーです。佐世保ならではの「レモンステーキバーガー」も話題を集めています。

ハンバーガーショップあいかわは、佐世保大塔ICより車で5分(佐世保市有福町297-20)。佐世保駅方面からハウステンボスに向かう道の途中にあります。「肉のあいかわ直売所」「焼肉あいかわ」も併設されており最高級のお肉を味わうことが可能。営業時間は10:00~18:30。詳細は電話(0120-58 -4029)でお問い合わせください。

misarosso(ミサロッソ)

misarossoの名物は、800gもある「ミサモンスタージャンボ」。三段重ねのパンの間にジューシーなパテやベーコン、エッグ、チーズ、野菜がぎっしり詰まっています。女性や子供でも食べられるサイズももちろん揃っていますよ。バンズもオリジナルレシピ。焼きたてが提供されるので、表面がカリッと香ばしいのも魅力です。

ミサロッソという名前は、店主の美佐子さん「ミサ」とイタリア語の「ロッソ(赤い・情熱)」が由来。もともとはお魚屋さんでしたが、20年前にミサママが佐世保バーガーの店に作り変えました。ピザやホットドッグも美味しくて、そちらを目当てに通う常連さんもいらっしゃるほど。

お店があるのは佐世保市役所の裏通り(佐世保市万徳町2-15)。北佐世保駅からは徒歩15分です。営業時間は10:00~19:00、店内には21席のスペースがあります。電話(0956-24-6737)で予約も可能です。

ブルースカイ

佐世保バーガー発祥店のひとつ、ブルースカイ。ヒカリと同時期に創業した歴史の古いお店です。ブルースカイのハンバーガーは上下さかさまに出されるのが特徴。食べる時はくるりと返し、具材が落ちないように注意しながらいただきましょう。柔らかいバンズとソースが効いたパテ、そして生玉ねぎの辛みが絶妙なハンバーガーです。

ブルースカイのもうひとつの特徴は夜間営業(20:00から深夜2:00ごろ)であること。夜8時になると昔ながらのネオンサインが灯り、開店の合図となります。店舗は佐世保玉屋の向かい(佐世保市 栄町 4-3 電話0956-22-9031)。あえて佐世保バーガーの認定店に名を連ねず、昔ながらのレシピを守り続けています。

ベースストリート防空壕店

防空壕跡地を利用して作られた佐世保バーガーのお店ベースストリート防空壕店。佐世保バーガーの店では珍しく、店主は真っ白なコック帽とコック服を着ている本格的な料理人です。鉄板ではなくフライパンでハンバーガーを焼くのは、デミグラスソースや肉汁などすべて利用し、美味しさを凝縮させるため。出来上がったハンバーガーはまるで洋食を食べているかのような美味しさです。

ベースストリート防空壕店の所在地は戸尾のトンネル横丁(佐世保市戸尾町5-28 電話0956-25-0488 )。ハンバーガーの具材は全て戸尾市場で手に入れたもの。冷凍ハンバーグを全国発送することも可能です。営業時間は12時から売り切れるまで。

らりるれろ

佐世保のシニア層にとって「佐世保のハンバーガー」と言えばらりるれろのハンバーガーでしょう。有名チェーン店が佐世保に進出するずっと前から、佐世保市のあちこちに店舗を構え、佐世保市民のお腹を満たしてきました。やがて姿を消してしまいましたが、数年前に復活し話題に。変わらぬ味と昔ながらのキャラクター「ラリ坊」も帰ってきて、幼なじみと再会したかのように喜ばれました。

らりるれろのハンバーガーの大きさはマックと同じくらい。いわゆる佐世保バーガー的なボリュームはありませんが、それがかえって佐世保シニア層の郷愁を誘います。

実は、らりるれろはBigManの姉妹店。同じ創業者が手掛けたお店なのです。現在は大野店と西海橋店で営業しています。大野店(佐世保市瀬戸越2-7-7 )の営業時間は11:00 ~19:00。詳しくは電話(0956-49-6234)でお問い合わせください。

SaseboC&BBurgers下京町店

店内に世界地図が貼られているSasebo C&B Burgers下京町店。店に訪れた人の国籍がピンで印づけられているので、「こんな遠い国からはるばる佐世保へ!」と嬉しくなってしまいます。

Sasebo C&B Burgersのハンバーガーは、オーソドックスで国産素材にこだわった佐世保スタイル。ブラックペッパーがアクセントの大人の味です。子ども用にブラックペッパーを抜くこともできるので注文時に伝えると良いでしょう。一番人気は「佐世保バーガーC&B スペシャル」。厚切りベーコン、パティ2枚、チーズ2枚にたっぷり野菜が入ってボリューム満点です。

佐世保四カ町アーケードの入口付近(佐世保市下京町3-1ラテスビル1F 電話0956-55-6212 )に店舗を構えるSasebo C&B Burgers下京町店。店外のテラス席はペット連れもOKです。アレルギー対応はもちろん、ヴィーガン、ハラルも対応しているので、注文時にお気軽にお申しつけ下さい。営業時間は平日11:00~22:00、土日祝日は10:00~22:00です。

佐世保ハンバーガーミュージアム

2021年にリニューアルオープンした佐世保ハンバーガーミュージアムテラスで九十九島を眺めることができる抜群のロケーションと、こだわりのハンバーガーが話題です。ジューシーなパティと薫り高いバンズ、酸味が効いたトマトソースが特徴で、ベーコンなどもすべて手作り。通販もあるので、全国どこでも佐世保バーガーを堪能できますね。

佐世保ハンバーガーミュージアムは、1979年に「バーガーショップサニー」として開店しました。その後「佐世保バーガー本店」に名称を変更し、現在は佐世保バーガーミュージアムとして営業。ハンバーガーだけでなく、海軍さんのビーフシチューや自衛隊カレーも楽しめます。

パールシーリゾートから車で数分(佐世保市 船越町 190-1)。店内は50席、テラス席14席、野外席30席と団体様でも受け入れ可能な広さがあります。大型バスも停められる駐車場完備。営業時間は8:00~18:00、 詳細は電話(0956-28-5533)でお問い合わせください。

ログキット

ログキット本店はヒカリ本店の隣で、牛肉100%のパティとオリジナルマヨネーズが特徴です。店内はアメリカにいるかのように賑やかな感じ。赤いテンガロンハットが魅力的なオーナーが、米軍基地内でアメリカ人が食べていたジューシーなビーフの味が忘れられず、試行錯誤の末に編み出したレシピが光っています。

人気はスペシャルバーガー。重量約500g、バンズは直径約15㎝で食べ応え充分。優しくつぶして、ハンバーガーの下の方を両手で押さえて食べましょう。

ログキットの営業時間は、本店(佐世保市矢岳町1-1 電話0956-24-5034)11:00 ~15:00、佐世保駅店(電話0956-22-9000)11:00 ~19:00です。長崎空港でも営業しています。

まとめ

佐世保に根付いたアメリカ文化の代表格、ハンバーガー。佐世保っ子にとってのソウルフードのひとつでもあります。
佐世保バーガーおすすめ独自に発展し成長した佐世保バーガーは、今や日本の誰もが知るご当地グルメとなりました。一時的なブームで終わらず今も継続している理由は、やはり佐世保バーガーの特別な美味しさにあると思います。佐世保っ子として誇らしい限りですね。

佐世保にはたくさんのハンバーガー屋さんがありますが、今回はその中でも地元民おススメの12店舗をご紹介しました。

それぞれ特徴とこだわりがあって、食べ比べてみたいお店ばかり。どの店も注文が入ってから作り始めるので時間はかかりますが、その分アツアツで新鮮。なにより美味しくて大満足になること間違いなしです。佐世保バーガーMAPを片手に食べ歩きしてみませんか?

ウォッチする
通知
0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
「住まいリングさせぼ」編集部長

橋本鎌嗣(ニックネーム:もっちゃん)
「住まいリングさせぼ」編集部長

佐世保生まれ、一児のパパ。サイト監修者であり、佐世保・小値賀「海風の国」観光マイスター。宅地建物取引士の資格も有し、不動産や住まい、暮らしのアドバイスも。「佐世保に住もうよ!愛する地元の魅力をもっと伝えたい!!」

Share on

おすすめ記事

PAGE TOP