住まいのことはMr.アーキに聞け! ~ キッチン編 1

皆さん、こんにちは!
主婦歴20年(とちょい)のQoo(クー)といいます。

子どもも大きくなり、そして親とのこれからの暮らしについて考える時期なのですが、
今住んでいる住居をリフォーム?増改築?などと、なんとなく悩んでいます。

住宅の専門家におまかせしてもいいのでしょうけど、私なりにその手のプロの方にアドバイスを請うてみたいと思っています。

そこで今回、建築のプロ Mr.アーキ氏に住宅にまつわるいろいろを、
ど素人のQooが微に入り細に入り、根掘り葉掘り、聞いていきたいと思います。

【Qoo】

まず、今回は新築を検討中の方、賃貸物件をお探しの方に限らず、女性にとっては大問題のキッチンについて教えていただきます。

【Mr.アーキ】

仕事柄、新築住宅の企画会議やお客様との打ち合わせで、必ず議論に上がるのがキッチンですね。

【Qoo】

対面キッチンや食器洗い乾燥機、引き出し式の収納などなど・・・料理好きの主婦じゃなくても、夢や憧れ、こだわりたいポイントが満載ですからね~。

【Mr.アーキ】

でもねえ・・・我々、あ、私一人かもしれませんが、プロの目線から見たキッチンとは、ズバリ道具です。料理をするための道具です。

【Qoo】

ええ!そんな~。身も蓋もない・・・

【Mr.アーキ】

まあ、そんな中でもまず、チェックするポイントといえば、好みでの判断にはなりますが、天板(カウンタートップ)が人工大理石かステンレスか!

この二つの違いをプロの目線でぶった切ります!

【Qoo】

お願いします!

【Mr.アーキ】

新品の人工大理石のキッチン天板は、非常にきれいに見えて、友人知人に見せた~いと思うほどですが、人工大理石は所詮樹脂です。
ポリエステルやアクリルが主成分の樹脂です。液体を固めて板状にして作ります。
樹脂ですので、基本、鉄より柔らかいです。包丁で傷がつきます。
お皿の下のザラザラしたところでも傷がつきます。

【Qoo】

そんなことでも?

そんなに傷がつきやすいなら、その傷に雑菌が入っちゃうと思うと・・・

う~ん。お手入れが大変ですねぇ・・・

キッチン その2につづく