住まいのことはMr.アーキに聞け!~リフォームでの悲しい出来事

 

 

【Mr.アーキ】
先日同僚から、彼が工事を担当した、リノベーションの件で相談を受けました。なんでも、床のレベルが悪く、タンスが水平に置けないからお客様から何とかしてほしいとのご要望とのことでした。

【Qoo】
レベルって「水平面」のことですよね?床面がきれいに平らじゃないから、タンスがまっすぐ置けないんですね。

【Mr.アーキ】
そうなんです。実はその物件、私が打ち合わせに関わった案件で、工事の項目の中には、「床の全面貼り替え」がありました。ただ、予算の都合上、下地はそのままでという条件でした。

【Qoo】
下地はそのままということは、もともとの床面のレベルが悪い場合は、そのままになってしまうということですよね。

【Mr.アーキ】
そうなります。ですから、打ち合わせでも、既存のレベル通りになるので、レベルが悪い場合でもそのままになってしまうことをお伝えして、図面に「下地は既存を利用」と記載しました。

施主様も、施工前の既存の床の状態の時に、自分で実際に歩いてみて「多少のレベルの差はあるが大丈夫」ということだったので、そのまま契約・施工という運びになりました。もちろん請負契約書にも、既存のものを利用した部位に関しては、施工者の責任の範疇では無いことは記載されています。

【Qoo】
とはいったものの、実際に住んでみたら、いろいろと不具合が…というわけなんですね。

【Mr.アーキ】
引っ越しをして、家具などを配置してみると、細かな歪みなどに納得がいかないようで、担当である同僚にいろいろと訴えてきたようです。しかも床だけではなく、壁紙や脱衣所の床のシートの貼り替えなど、さまざまな要望を訴えてきたそうで、私がその話を聞いた時には、すでに対応済みだということで、さらにびっくりしてしまいました。

手直し後、きちんと完成の確認・検査をしているのですから、そこまでは出来ない、と断ることができた事もあったと思うので、私が対応していれば、恐らくそういった結果にはならなかったと思います。

施工業者も知っている業者だったので、後で状況を聞いてみると、「担当者とお客様のコミュニケーション不足ですよ」とのことでした。床に関しては、図面に記載してあることを見れば、常識的に解決できたはずなのに、実際に図面を見ながらお会いしてお話しすることもなく、電話だけで断ろうとしたため、揉めたようです。

【Qoo】
実際に見に来てもらえずに、電話だけで断られたんだったら、施主さんは「こっちの言い分を理解してくれようとしない!」と感情的になったのかもしれませんね。

 

※写真はイメージです。実際の物件ではありません

【Mr.アーキ】
私との打ち合わせの際には「壁や床や天井などは、大工さんが手作業で施工するものなので、絶対直線や絶対平面というものは現実的にはあり得ないのですよ」と壁を触りながら説明していた私に、「そうよね~」とおっしゃって理解してくださっていたんですが…。

とても悲しい結果になってしまいました。

そこで皆さんにお伝えしておきたいのですが、リフォームやリノベーションにおいて、予算の都合や建物本体の状態により、施工する側にとってはどうしようもないことが生じます。そのほとんどは常識的に考えれば、納得できることだと思います。

契約書には、下地の不具合による仕上げへの影響など、施工者に責任が無い旨をざっくりと記載していることはありますが、起こり得る全ての事象について記載しているものはありませんし、現実的ではありません。

【Qoo】
リフォームやリノベーションって、建設関係や住宅設備関係の仕事をしていない限り、そうそう身近なものではないので、わからないことや想像できないことはたくさんありますが…。きちんと説明してもらって、自分も納得できれば、理想的な住まいが実現できるようになると思うので、お願いする側も、施工の方から説明してもらう内容を理解できるようになる必要がありますね。

【Mr.アーキ】
理解が難しいこともあるでしょうが、間取りや仕上げの打ち合わせの時には、施工業者にいろいろと聞いてもらいながら、建築とは…住まいづくりとは…、ということを少しでも勉強して臨んで欲しいと思います。

そうでないと、本当に様々なケースが起こり得る、リフォームやリノベーションですから、施工する側も大変ですが、施主様自身も高い費用を払ったというのに、後味の悪い、悲しい結果になってしまいます。