庭の雑草がリースに変身

一軒家に引っ越して来て困っていることの1つに、庭の草取りがあります。

最近の家なら防草シートを敷いたり、コンクリートの地面にしたりと、草取りに苦労しなくて済むように、色々と工夫が凝らされているのでしょう。

しかし、築47年の我が家では、雑草がとにかく遠慮なく生えてきてくれます。
しかも、雨続きの毎日でずっと放置しっ放しだったので、庭が本当に大変なことになっていました。

とある週末、雨の晴れ間に、意を決して草取りをすることにしました。

雑草の中には、私の大好きなカニ草も。
以前のカニ草の記事はこちらから
インテリアに一押しの雑草!?

引っ越して来た時に庭でカニ草を発見した時は、これで他所に探しに行く手間が省けて嬉しい!!!と思っていたのですが、庭にあると本当に厄介なんですね・・・

気づかないうちに庭の樹木達にどんどん巻きついて、見るからに藪。
お隣の家との間のフェンスにも絡まってしまっています。

ちょっと残念な気持ちを抑えつつ、根っこごと刈り取って行きました。
カニ草達がどんどん積まれて行きます。でもね、これはただの雑草の山ではなく、私にとっては宝の山なんです。
いてもたってもいられずに、草をひたすら抜いている主人を横目に、リースの土台を探して来た私。

庭でリース作りを始めてしまいました。カニ草は絡みやすいので、ワイヤーを使う必要もないし、とても簡単にリースが出来るんです。

はい、完成!
玄関が一気に賑やかになりました。カニ草をふんだんに使うために、家にあったリースの土台で一番大きなサイズの物を使いました。

もともとリースを作る予定ではなかったので、飾りも何もありませんが、暑い夏にはこんなすっきりしたリースも良いですよね。
しばらくはグリーンリースを楽しんで、その後これをベースに、飾りを足していこうかなと思っています。