住まいのことはMr.アーキに聞け! ~ガレージの話

【Qoo】
最近、アウトドアが流行らしく、防災用品にも使えるということで、登山やキャンプ用品が人気なんだそうですが、Mrアーキは興味ありますか?

【Mrアーキ】
私は若い頃からアウトドア派なんですよ。スキーやサーフィンなど色々とチャレンジして来ました。現在もサーフィンを続けていますが、一番長く続いているのがキャンプですね。サーフィンとキャンプってセットなんですよ。

【Qoo】
サーフィンと、キャンプですか…。アウトドアど真ん中ですね。

【Mrアーキ】
実は最近、とっても欲しいものがあるんです。

【Qoo】
何が欲しいんですか?アウトドアがらみですか?

【Mrアーキ】
それは、ガレージです。

【Qoo】
ガレージとキャンプやサーフィンって関係あります?

【Mrアーキ】
道具の格納はもちろんですが、道具の準備や手入れをするのに、今からの季節は屋外では寒さも堪えるので、ガレージが欲しいんですよ。
最近では土地価格が高いので、庭や駐車場を作らず、車庫と住居を一体化したインナーガレージ(ビルトインガレージとも言う)になっている戸建てもチラホラ目にしますし、土地が安価な地方にも大きなインナーガレージを見かけることがあります。別棟のガレージなんて本当に憧れます。

 

 

 

 

 

【Qoo】
インナーガレージって、1階部分に車庫があってシャッターがしまってる感じの家ですよね?車から雨に濡れずに買い物したものを家に運んだり、車椅子やベビーカーを利用する場合にも、濡れずに乗降できるから、便利そうですよね。

【Mrアーキ】
そうなんですよ!キャンプ道具なんかも車から棚へすぐに置けたり。所ジョージさんみたいにガレージで日曜大工やったり!カッコイイですよね〜。

【Qoo】
個人的なイメージですがアメリカの住宅街って、みんなガレージが付いてる感じですよね~。

【Mrアーキ】
私も数年以内には、増設でガレージを検討しています。もちろん、建築関係の仕事をしているので、建蔽率や容積率の確認や、10平米(㎡)を超える場合の確認申請なども考えています。でもね、この「確認申請」が厄介なんですよ。

【Qoo】
そうなんですか?どういったところが厄介なんでしょう?

【Mrアーキ】
こういった増築の場合(同一敷地内の別棟も)の確認申請は、既存住宅の耐震性なども問われます。つまり、現在の建築基準法に合っているかどうかということですね。また、既存住宅の検査済証の確認も必要になります。昔の家は結構これが無かったりするんですよ。
確認申請は、後に売買をする時などにも重要になってきますので、カッコイイ憧れのガレージを計画中の方、きちんと申請して、最後は登記までしっかりしておくことをお勧めします。