住まいのことはMr.アーキに聞け! ~間取りのはなし

 

【Mrアーキ】
新築住宅、分譲マンション、賃貸住宅…などなどいろいろありますが、“住まい”を検討するときには、必ず「間取り」の希望を聞くタイミングがあります。

【Qoo】
“住まい”となると、まずは何部屋必要か、といった「間取り」から考えますからね。

【Mrアーキ】
傾向としては、分譲マンションや建売住宅、賃貸住宅の時は「4LDK」、新築住宅やリノベーションの時は、「3LDK」を希望する方が多いような気がします。

【Qoo】
その違いはどういうとこからくるんでしょうか?家族の人数?

【Mrアーキ】
もちろん、家族構成によって、間取りは変わってきます。夫婦に子供二人といった家族構成が中心ですが、同じ構成でも傾向ははっきりと分かれている印象ですね。
販売する側も、分譲マンションや建売住宅の時は、「4LDKの間取りですよ」とか「車は2台置けますよ」などと、営業マンがよく言っているような気がします。
4LDKを求められる方のパターンとしては、夫婦の寝室に二人の子供にそれぞれの部屋、そしてお決まりの「客間」、といった感じですね。

 

 

【Qoo】
来客時とか、両親や親戚が来た時のためにも、せっかくだったら客間は欲しいです。できれば「和室」がいいなぁ。

【Mrアーキ】
Qooさん。まさに典型的なパターンのご希望ですね。
実はこれ、注文住宅を検討し始めた方にも多く見受けられます。
部屋が増えればその分、建物の大きさに影響しますので、床面積への投資と考えると予算がある方でしたら、そのまま4LDKで良いのですが、最終的には「3LDK」になることがほとんどです。新築の注文住宅やリノベーションのお客様の多くは、間取りは3LDKに収まることが多いですね。広さや予算を考えていくと、余分な部屋は省いていくことになりますからね。

【Qoo】
和室の客間…。それほど必要ないんですか?

【Mrアーキ】
“家づくり”の際、皆さんライフシミュレーションをすることになるわけですが、子供の居室が必要な時期と期間、お客様を自宅に宿泊させる頻度、ご両親がお泊りされる頻度などを考えると、大体、答えが見えてくるんですよ。
考えてみてください。一年に一度来るか来ないか分からない両親の為、お客様の為…。通常の貴重なスペースを犠牲にするのは、もったいないと思いませんか?

【Qoo】
むむむ、確かに…。

 

【Mrアーキ】
そして、近年の私たちのライフスタイルは、多くの人が「和」ではなく「洋」になっています。ですから、和室を何に使うか?と考えると、①洗濯物をたたむとき ②赤ちゃんのおむつ替え ③休日に旦那さんがごろんとするため が上位を占めちゃいます。これも、優先順位を考えていくと、自ずと消えていきます。

【Qoo】
そうなんですね!今から家づくりを始める方や現在進行の方は、参考になるんじゃないですか?

【Mrアーキ】
家づくりの先輩たちの経験値として、ぜひ参考にしてほしいですね。
私が建売住宅を企画する際、多くは延床面積30坪程度の物件なんですが、営業サイドとは「4LDK」と「3LDK」について議論になります。結果「3LDK」を建てては早期完売させています。