住まいのことはMr.アーキに聞け! ~外壁材・サイディング  その1

【Mrアーキ】
今日は外壁材の中でも、今、最もポピュラーなサイディングの話です。

【Qoo】
外壁材?サイディング?…
サイディングってどんなものですか?

【Mrアーキ】
サイディングとは、建物の外壁に貼る、仕上げ用の板材のことです。
外壁の施工には、「湿式」と「乾式」の2種類があって、「湿式」には塗り壁やタイル貼り、「乾式」にはサイディングがあります。
サイディングは「サイディングボード」と呼ばれる工場であらかじめ成型された板を貼り、それぞれのつなぎ目をしっかり埋めて、雨漏りや剥がれを防止することができます。
サイディングでない「湿式」の場合、先ほども言った「左官仕上げ」や「タイル」、「レンガ」、最近ではロックウール(断熱材)に左官仕上げをする外壁材まで現れました。
どの素材も、仕上げに大きな違いがあり、もちろん、それぞれにメリットとデメリットがあるので、オーナーさんにとっては、外壁選びは重要な選択になります。

【Qoo】
外壁はどちらのタイプが多いんですか?

【Mrアーキ】
サイディングの方が、工期を大幅に短縮できるので、コストパフォーマンスの点からも普及率は高いようですね。
ただ最近では、新築を計画する方からよく聞く要望の一つに「サイディングはイヤ」があります。今まで90%近くの人に言われてきまして、もう慣れっこですが…

【Qoo】
あらら、そんなに?

その2につづく