お水のはなし ~浄水器と整水器~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の水道水は、とても優秀で、そのまま飲めることは当たり前ですが、もっと身体に良いものを取り入れたいということで、浄水器や整水器を使いたいと考える方も多いようです。

でも、浄水器整水器って、そもそも何が違うのか???

浄水器は水道水から残留塩素や有害物質を取り除く機能を持っているもので、また除去する物質も、有害なものだけを取り除き、身体に有益なミネラルなどは除去しないというものもあり、種類はさまざまです。

水道水から天然水のようなおいしい水にするという感じでしょうか。

また、逆浸透膜というものを使って水道水をろ過することによって、不純物を限りなく除去して、純水をつくるというものもあります。

そして整水器は、水道水または浄水を電気分解して、アルカリイオン水や酸性水を生成します。
アルカリイオン水は飲用に適しており、酸性水は除菌効果などがあります。

ただ、アルカリイオン水は、学術的定義がされているわけではなく、整水器は水道水をアルカリ性の水と酸性の水に分けることができ、それぞれ電気分解したものを適宜使用するといったイメージでしょうか。

どんな水をどんなふうに使いたいのか。によって、選ぶものが変わってきそうですね。

残留塩素や水道管を通ってくる間に混入してしまうことが考えられる錆などを除去したい、より安全な水を使いたいという方は浄水器。

電気分解した水を健康に役立てたいという方は整水器。

そしてどっちも気になる、という方は水素水などを生成することができる、浄水機能付きの水素水生成器はいかがでしょうか。

どちらにしても蛇口直結型や蛇口一体型、据え置き型、ビルトインタイプ(アンダーシンク型とも)、ポットやピッチャー型など取り付け方法や設置方式は、価格や商品によってたくさんあります。ミネラルウォーターならば、ウォーターサーバーでいつでもお湯や冷たい水を。ということもできますよ。