住まいのことはMr.アーキに聞け! ~木の話 無垢材①

【Qoo】
家を建てるならやっぱり天然素材!だと思っちゃうんですが…
木の香りや肌触り、温かみ… ああ。あこがれます。

【Mrアーキ】
僕もそう思います。
今回は、そんな天然素材の中の「木」に着目した家づくりについて、アドバイスしますね。
まず、「木」を使う内装の箇所で、最も使われるのが“床”ですよね。
僕は、床には 無垢材 をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Qoo】
無垢材。よく聞きますが… たしか「な~ちゃんのリフォーム日記」でも無垢板選んでましたねぇ。薄めの色のやつ。

【Mrアーキ】
色合いや雰囲気、柄など、木によって様々あるので、勉強すると、とても楽しいですよ。

【Qoo】
たくさん種類があるんだったら、一つだけ選ぶのって難しそうです。
なにか、ポイントはありますか?

【Mrアーキ】
そうですね。
無垢の床材を選ぶ時のポイントとしては、まず、硬い木か、柔らかい木か、があります。

【Qoo】
硬いとどうなんですか?

【Mrアーキ】
硬い木は、
・傷がつきにくい
・種類が多いのでいろいろ選べる
例) オーク・クリ・ローズ・・・・etc
・硬い分、歩くと疲れる。(スリッパの使用を勧めます)
・ちょっとヒヤッとする。(冬冷たく感じる)
・あまり香りがする木が少ない
といったことがあげられます

【Qoo】
では、柔らかいほうは?

【Mrアーキ】
硬いのとは逆に
・傷がつきやすい
・杉や松(パイン)、モミなど種類があまり多くなく、色も白っぽいものが多い
・足ざわりが良く、裸足で歩くにはあっている
・室温と同化しやすい(冬暖かく感じる)
・香りがする木が多い
という特質がありますね。

【Qoo】
それは実際に、触ったり、香りをかいだりしないと選べない気がします…

次回に続きます