洋式トイレのおはなし ~組み合わせ型と一体型

洋式トイレには大きく分けて、便器・便座・タンクの3つを組み合わせる「組み合わせトイレ」と、便器・便座・タンクが一つの商品として組みあがっている「一体型」の二種類があります。

「組み合わせトイレ」は各メーカーとも各グレードを設定しており、機能も豊富なので、予算に合わせた選択がしやすいようです。温水暖房便座(ウォシュレット)が故障した場合も、交換がしやすいというメリットがあります。
デメリットとしては、以前の商品よりは改善しているようですが、タンク下などが掃除しにくかったり、タンクと手洗い器が一体になっているものなど、周辺が汚れやすいなどのデメリットもあります。

組み合わせトイレ

 

そして「一体型」の方は、形状からタンクレストイレとも呼ばれています。こちらは高機能商品が多く、タンクがないのでタンク下スペースの掃除も必要なく、空間が広く見えます。また、連続使用も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、価格は組み合わせトイレよりも高く、停電時は使用できないものもあったり、タンクと手洗い器が一体になっているものから取り替える場合は、手洗いカウンターを別途取り付ける必要が出てくる場合もあります。

また、トイレには排水方式にも種類があり、「床排水」「壁排水」があります。
一般的に「床排水」は戸建などの低階層物件に、「壁排水」はマンションなどの高階層物件に使われることが多いです。

「組み合わせ型」から「一体型」への取替えの場合、排水の種類によっては金額が変わる場合もあるので、ご自宅の排水方式を確認しておいたほうが良いですよ。

次回は温水洗浄便座についてお話します