給湯器のおはなし~瞬間式と貯湯式

以前、給湯器にはエネルギー源や、用途によって、いろいろな種類があるとお伝えしました。

給湯器のおはなし

今回は、もう一つ大きな区別 “瞬間式”と“貯湯式”のおはなしを。

瞬間式
は、使うたびにお湯を沸かして出すものです。
ガスの瞬間湯沸かし器をお使いのご家庭も多いと思います。
電気、ガス、石油 それぞれ瞬間式はありますが、使用料や頻度、燃料コストによって選択した方が良いでしょう。

もう一つの貯湯式は、タンクに貯めた水を熱源によって沸かすものです。
これももちろん、電気、ガス、石油がありますね。

貯湯式の代表的なものとして、電気温水器の中でもメジャーな、「エコキュート」は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

このエコキュートは、電気の力で空気を圧縮して熱を発生させ、お湯を沸かします。
電気の使用が少ない深夜時間帯  =  電気会社の多くが割引料金を設定している時間帯
を使って温水を作るので、電気代も抑えられるというものです。貯湯式のポイントとしては、お湯の使用量に応じてタンクの大きさを選ぶ必要があります。
設置場所によっては大きなタンクを置けない場合もあるので、各住宅の条件にも左右されます。

瞬間式も貯湯式も、それぞれメリットデメリットがあるので、ご自分のご家庭の生活サイクルや必要な湯量に応じて選ばないと、後悔することになると思います。

ちなみに、“瞬間式”と“貯湯式”という言葉。
温水洗浄便座を選ぶときにも重要なので、覚えておいてくださいね~。