住まいのことはMr.アーキに聞け! ~ サッシ編 その2

Mr.アーキに聞け!  ~ サッシ編 その2

前回の記事→「Mr.アーキに聞け!〜サッシ編 その1」

【Qoo】
前回、Mr.アーキは、 窓の結露をなくすには、温度差をなくすこと といっていました。
部屋を寒くすることなく、温度差をなくすなんて!
そんな魔法のような方法があるんですか?

【Mr.アーキ】
あります!
現在のご家庭で、標準的に使われているのはサッシ窓ですが、その主な素材であるアルミは、金属の中で熱伝導率がかなり優れているので、寒い夜の外気温を、そのまま室内に伝えることになります。
そして、窓自体はシングル硝子が標準的です。
これも外の気温を室内に伝えやすいものです。
なので、簡単に言えばこの二つを改善すると、結露は防げます。

【Qoo】
アルミのサッシとシングル硝子?
それを何に替えると結露しなくなるんですか?
そんな窓があるんですか?

【Mr.アーキ】
はい。それは、樹脂製サッシにペアガラス(断熱硝子)です。
海外ではずいぶん前からスタンダードになっているんですよ。

【Qoo】
え!そうなんですか?

【Mr.アーキ】
実は、海外でスタンダードになっている理由は、結露対策もないことはないんですが、
一番の目的は省エネルギーの為なんです。

【Qoo】
省エネですか・・・。結露ではなくて?

【Mr.アーキ】
話が急展開しちゃいますけど、ついてきてくださいね。

3に続く・・・