100均で見つけた!服や小物を「ちょいかけ」したい時のお助けアイテム

クローゼットを整えるお片づけサポーター、上野友香子です。

秋が深まってきましたね。

私が住む福岡も、朝晩はひんやりと空気が冷え込むようになりました。

それでも日中は半袖でも良いような陽気の日もあるので、朝の服選びには頭を悩ませてしまいます。

こんな時期は薄手の羽織り物やストールなどの巻物などが活躍しますが、重ね着のコーディネートを考えたり、脱いだジャケットをちょっとかけておける場所があったら便利なのにって思ったことはありませんか?

今日はそんな「ちょいかけ」に使える、私のお気に入りアイテムをご紹介します。

100均の「かもいフック」が優秀なんです!

この場所にコートかけや小物かけがあったら便利なのに!と思っても、壁にネジや釘を使ってフックを取り付けることは、賃貸住宅では特に安易に出来ませんし、壁紙に穴や傷が出来てしまうのであまり気がすすまないという方も多いと思います。

しかも一度取り付けてしまうと、気軽にフックを移動することも出来ないし、どうしても邪魔になって取り外したら、ネジ穴が無残に壁に残ってしまってテンションダウンなんてことも。

そんな時のお役立ちアイテムが、100均でも販売されている「かもいフック」です。

「かもい」と書いてありますが、挟める場所があればどこへでも取り付け出来ます。

私が購入したフックは、厚さ10㎜~50㎜、奥行き10㎜以上に対応となっていましたが、商品によって設置対応基準が異なります。

耐荷重量も商品ごとに規定があるので、購入する際は設置したい場所と、かけたいモノの重さを考慮して選んで下さいね。

さて、こちらは我が家のまったく写真映えしないウォークインクローゼットです。

ハンガーポールにほぼ隙間なく衣類がかかっているので、服を「ちょいかけ」するスペースがありません。

そこで上の棚板に「かもいフック」をセット。

数秒で設置完了です。

このフックがあると・・・

カットソーとストールのコーディネートを考える時に使ったり

帰宅後、ジャケットなどをとりあえずかけておくことが気軽に出来るので、消臭スプレーをかけたり、カーディガンやセーターにブラシをかけるのにも便利です。

季節モノの即席収納にも

この時期に活躍する薄手の羽織り物は、その日の気温によって羽織るものの厚さが違ったりするので、洗濯しないままちょっと置いておきたいアイテムが2枚、3枚と増えてしまうことがあります。

帽子やマフラーなどの小物も増えがちなので、夏には必要なかった収納場所が必要になることも。

そんな、この時期だけの「ちょいかけ」にこそ「かもいフック」が活躍してくれます。

玄関でドア枠などに設置すれば、夏場は必要なかった来客用コート掛けとして使うことも出来ます。

見た目が気にならないデザインの商品もありますが、邪魔だな、もう必要ないなと思った時は、取り外すのもあっという間なのが嬉しいですよね。

家中で気軽に「ちょいかけ」

必要な時に、必要な場所で気軽に使えるこのアイテム、我が家のあちこちで活躍中です。

例えば寝室の枕元で・・・

ベッドでちょっと動画を見たりした後、ついその辺に放置してしまいがちなイヤホンを「ちょいかけ」

かける時も取る時も楽で、コードがからむこともなくストレスフリーです。

息子の腕時計も・・・

勉強机の棚に、時計置場として「ちょいかけ」

収納に手間がかかると面倒になってその辺に放置しがちな息子でも、「ちょいかけ」なら無理なく戻すことが出来ています。

他にはこんな使い方も・・・

・ダブル使いでテーブルに取り付けて、取っ手付きビニール袋をかけて簡易ゴミ箱に

・雨の日に傘をかける場所が足りなくなったら、靴箱の棚に取り付けて簡易アンブレラハンガーに

・お風呂場のドア枠や洗面所の棚板に設置して、お風呂上がりのバスタオルをかけて生乾き臭を防止

インターネットで検索すると、フックをいくつか使ってつっぱり棒を置き、簡易物干しにしたり、カーテンポールにしたりと、様々な活用方法を見つけることが出来ました。

あくまでも簡易的なフックですので、お使いの際はかけるモノの重さに十分注意して、落下して壊れてしまうモノはかけないよう気をつけながらご活用下さいね。