*収納スペースのDIY Part2

福岡でお片づけのアドバイスと作業サポートをしているライフオーガナイザー@の兼重千鶴です。

 

最近のホームセンターでは工具や資材売り場が大賑わい。我が家の近くのお店では欲しい商品が品切れ続出です。

おウチ時間を心地良く過ごすために、自ら手を加えている方が増えているようですね。

我が家も例にもれず、小さなDIYにチャレンジしました。

 

前回は『収納スペースのDIY Part1』と題し、キッチン上戸棚部分のダウンキャビネットを外し、可動棚に変更した理由やビフォーアフターの写真をご紹介しました。

今回は可動棚の取り付けポイントをお伝えいたします。

これなら出来そう♪って思ってもらえたら嬉しいです。

 

収納棚を作るポイント

今回DIYした可動棚は、棚柱4本を使うタイプ。

それを例にポイントをお伝えしますね。

 

ホームセンターに行く前に確認すべき事は2つ。

1、棚板のサイズ

2、下地の確認

 

1、棚板のサイズ

ホームセンターなどで板を購入すると、1カット〇円と有料にはなりますが、希望サイズで準備できます。

サイズを決める時に気を付けて欲しいポイントを、①厚み②奥行き③横幅に分けてお伝えしますね。

 

①厚み

棚板の厚みは置く物の重量に合わせて選びましょう。

軽い物であれば薄い板でも問題ないのですが、重たい物を乗せるのであれば厚みのある板を選びましょう。

ちなみに、今回は16mmの厚さの板を使用しています。

書籍など重たい物を置く場合には、もっと厚みのある木材を使用してくださいね。

 

②奥行き

収納スペースの奥行きと棚板のサイズは同じより短めにすると良いですよ。

マイナス3~5cm位で物の出し入れ時の体勢がラクになりますし、また、見上げた時に収納物が見やすくなります。

 

③横幅

棚板の採寸は慎重に!

売っている板をそのまま使用できるのならいいのですが、カットする事が多いですね。

棚板のサイズはミリ単位の違いであっても、収まりません。

私、失敗しちゃってるんで。キッパリ!

 

失敗の原因は、棚柱の厚みを考慮し忘れたため。

棚板の幅から、両サイドの2本分を引くことを忘れないで下さいね。

 

また、今回私が使用した棚受け金具は厚みのない形でしたので、特にマイナスの必要はありませんでした。

使用する棚受けの金具によっては厚みのある場合は、その厚みもマイナスして下さいね。

※両端に棚柱を取り付けて棚を作らない場合には、厚みをマイナスする必要ありません。

計算例

壁から壁の寸法-棚柱の厚み×2(-棚受け金具厚み)

それからさらに3~5mm前後(棚受け金具の形状による)をマイナスします。

この時に短くなりすぎても、ダボに負担がかかり変形してしまったり、棚板が落ちやすくなるので注意して下さいね。

 

2、下地の確認

下地の確認は必須です。

下地がある場所にはマスキングテープをしるしとして貼っておくと分かりやすいですよ。

取り付けられる場所がない場合には補強して下さいね。

下地が無い場所にそのまま取り付けると、収納した物の重さに耐えきれずに棚柱が壁から外れてしまいます。

 

取り付ける時のポイント

棚柱は垂直に取り付けます。

収納スペースの底板もしくは天板にピッタリ合わせると、左右の棚柱の高さに歪みが少なくなります。

今回は底板に合わせました。

取り付ける位置が決まったら、マスキングテープで仮止めし、ビスを打ち込むだけ!

棚受け金具を差し、板を渡して完成です(^^♪

 

使いやすさと収納量のバランス

*ビフォー

*アフター

今回のビフォーとアフターでは、収納する物は減らしていません。それよりも増えています。

まだまだゆとりはありますが、物が多いと取り出すのは大変になってしまいます。

総収納量の80%位にしましょう。

空間のゆとりは心のゆとりにつながりますよ。

 

 

今回思い切ってダウンキャビネットを可動棚にDIYしましたが、想像以上に使い勝手が良くなり大満足です(^^♪

一番大変だったのはダウンキャビネットを取り外す作業でした。

可動棚を作るだけなら本当に簡単ですよ。

モヤモヤしている場所があるのなら、思い切ってDIYしてみてはいかがでしょうか。

 

◆ブログ担当:ライフオーガナイザー@兼重千鶴
お片付け以外にも、毎日を楽しく暮らすヒントを綴ったブログはコチラ
アメブロ【日々是ハピ楽生活】