キッチン収納上戸棚に可動棚を作る Part1

福岡で片付けサポートをしているライフオーガナイザー@兼重千鶴です。

 

コロナ自粛中のゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?

我が家では、気になっていたキッチンの上戸棚収納をDIY。

使いやすさと収納量と今後のバランスに悩み、やっと決心がついたので、ダウンキャビネットを外し可動棚に変更しました♬

我が家の例が、上戸棚部分の使い勝手に悩んでいる方の参考になればと思います。

 

キッチン収納スペースの悩み

我が家は築20年。

上戸棚の中から引っ張り出して使うタイプのダウンキャビネット。

新築時に取り付けられた物ですから、もうボロボロです。

引き下ろして使う時にギシギシと音がする。

以前はスムーズに作動できていたのが、何年か前から力を入れないと降りてこない。

一方で、時に勢いあまって『ガチャッ』とすごい音を立てて降りてきたりするのです。

 

極めつけは、取っ手の部分のカバーがハゲてきて、見た目が気になる。

キッチンに立つたびに目に付いて、テンションが下がる……。

どういたものかと思案しながら、もう2~3年が経っていました。

 

どうしようか悩んだ理由

お悩みポイントは【使い勝手と収納量のバランス】

 

◆使い勝手について

このダウンキャビネットは手で下におろせて便利♪

特に身長が高くない私にとっては、通常の吊り戸の上の部分を取り出すの大変!

多少重さのあるものでも、簡単に引き下ろせるので上段にも安心して収納できました。

同じタイプの物に取り換えるとしたら、最低でも数万円からの費用が必要です。

 

また、我が家は築20年ですから、そのうちにキッチンリフォームするかもしれないし!?(あくまで希望の範囲ですけど)

「それじゃ、今するのはもったいないかなぁ」なんて考えたりしちゃいました。

 

◆収納量について

ダウンキャビネットを取り外し、棚板を設置する方法は安く済む(^^♪

※今回のケースでは、
*棚柱(45cm)1本250円位
*棚受け金具は200円位
*棚板は1200円。

さらに、棚板を使用した収納にするならば、収納量は格段に増えます♪

 

でも、上の棚に収納した物を取り出すには、踏み台が必要です。

すぐに取り出したい時に、そのワンアクションは面倒くさいよね……。

 

それに、年齢を重ねて足腰を痛めてしまったら、踏み台に乗るのも大変になるかもしれないし……。

どうしようかなぁ……。

……と漠然と思っていたのですが、真剣に考え始めたらアッサリと結論が出ました。

 

『可動棚収納』に変更する

今回のDIYでは可動棚収納に変更する事に。

その理由は、

①今まで上部に収納していたものは、頻繁に使用する物ではないので、棚板収納にしても、さほど面倒くさいと感じる回数は少ない

②経費が少なくてすむ

③未来の生活スタイルを含めて考えるのをやめて、現在の生活が簡単に心地よくなる方法を選ぶことを最優先

 

どんな事に引っかかって悩んでいるのか。

理由を突き詰めて考えると、答えは簡単に導き出せますね。

 

私の悩みの一番大きな原因は、【未来の私が今回の決断を後悔したらどうしよう】という思考。

今回は③が決め手となり、可動棚設置しました!

高さ調節が簡単&細かく設定できるようになりました♬

 

片づけでは物と向き合って、扱い方を決めていきます。

現在と未来の暮らしに必要な物を選び取る作業です。

収納方法を選ぶのは、今の暮らしと向き合う事が大切です。

何年も先の私がどんな風な暮らしをしているのかなんて、誰にも分らないのですから。

不確定な未来よりも、今の心地良さや便利さを追求してみましょう。

 

長くなりましたので、今回はこのへんで。

次回は実際に可能棚を取り付ける時のポイントをお伝えしたいと思います。

 

◆ブログ担当:ライフオーガナイザー@兼重千鶴
お片付け以外にも、毎日を楽しく暮らすヒントを綴ったブログはコチラ
アメブロ【日々是ハピ楽生活】