捨ててもいいと思っているのに捨てられない物、どうする?

福岡で片付けサポートをしているライフオーガナイザー@兼重千鶴です。

 

片付けサポートしている中で感じている事。

『片付けが苦手』だったり『捨てられない』とおっしゃる方のなんと多い事か。

私ったら片付けのプロを名乗っていますが、捨てるのは苦手です。(キッパリ!)

『片付け得意なんです』とか『ガンガン捨てられます』と断言する方には、ある種尊敬のまなざしを向けてしまいます。

私は片付けが得意なのではなく、片付けられなくて困っていた経験があるから、今困っている方の力になれたら、と思ってお仕事させて頂いています。

そこで、今回は【捨ててもいいと思っているけれど捨てない物】についての扱い方をお伝えしますね。

 

捨てるから始めない片付け

物を捨てるの苦手な方には、【捨てるから始めない片付け】って魅力的でしょ!?

それは物を捨てるより先に、思考の整理をするって事。

理想の暮らしや片付ける目的を明確にすることから始めて、物を取捨選択する基準をハッキリさせて片付けに取り組むとスムーズにすすめられます。

以前の私は【捨てる作業】がツラすぎて、取捨選択の作業を先送りして片付けました。

その方法は、

① いつも使う物とたま~にしか使わない物、保管する物等、使用頻度に分ける。
② いつも使う物だけを、使いやすい場所に収納
③ たまにしか使わない物は、ちょっと背伸びをすれば手が届く場所に収納
④保管する物は、踏み台がないと手が届かないようなデッドスペースに収納

という感じ。

実際にこの方法で、物を捨てられない人でも、日常生活はグッと暮らしやすくなりますよ。

でも悲しいかな、物は減らした方が、もっと暮らしやすくなるのは明らかなんですね。

 

捨ててもいいと思っている物

捨てるのが苦手な方は、内心『捨ててもいいと思っているけれど、捨てる決心がつかない物』をたくさんお持ちです。

捨てられない女代表の私、物を捨てるのは簡単なことじゃないって十分承知しています。

簡単に捨てる決心がつかない事を、肝に銘じて暮らしています。

そのせいか、目につかない場所に一度詰め込んだら最後、目を合わせないようにしてしまいます。

押し入れやその天袋等が多いのではないでしょうか。

 

自分を捨てられない女だと思っていない方でも、押し入れやクローゼットの奥等には『捨ててもいいと思っている物』が眠っている事が多い。

それらはどんどん奥に追いやられて、さらに目に付かなくなるので“無かった物”になってしまうんですよね。

そうなったら最後、スペース泥棒でしかない(泣)

そうなる前になんとかせねばなりませんね。

 

あえて目につくところに置く

“捨ててもいい”は“要らない”とは感情的にちょっとニュアンスが違いますよね。

頭ではわかっていても、心が追い付かない状態。

だから、迷う。

そんな物達はあえて目につく場所に置くことをおススメ。

嫌でも目に付けば、毎回『今後どうするのか?』と頭をよぎるはずです。

繰り返し考える事で、頭と心を使って、物と向き合うようにしましょう。

 

思い立ったら吉日

本当は押し入れの奥や倉庫などには“捨ててもいいと思っている物”は置かない方がいいですよ。

捨てる決心を付けるのも大変ですが、捨てる作業も意外と大変。

簡単にゴミ箱に入れられるのなら、ずっと以前に手放しているはずですものね。

奥にしまい込んであればあれほど、取り出すのは面倒でしょう!?

考えただけでやる気も失せちゃいますね。

“もう捨てる!”と思われたなら、【思い立ったが吉日】ですよ。

早々に手放す準備を。

*ゴミ袋に入れる。
*ゴミ出し日を確認してカレンダーに記入する。
*集荷依頼の連絡をする。

……等々、即行動に移してくださいね。

だって、【吉日】でしょ!?

思い立った日が縁起が良い日なのです。

物を捨てて、ラッキーでハッピーな暮らしを手に入れて下さいね。

 

◆ブログ担当:ライフオーガナイザー@兼重千鶴
お片付け以外にも、毎日を楽しく暮らすヒントを綴ったブログはコチラ
アメブロ【日々是ハピ楽生活】