片付けの期限を決める~Part2『短期で一気に』するのか『時間をかけて少しずつ』か~

福岡でお片づけサポートをしているライフオーガナイザー@兼重千鶴です。

 

春分の日を過ぎて、まだ肌寒い日もありますが、日中の気温も暖かくなってきました。

活発に動きたくなる春です。

『さぁ、片付けよう!』と思い立つ方が多いのではないでしょうか。

 

そんな決心をした方へ、前回は、

【片付けの期限を決める~Part1『いつでもできる』は『いつまで経ってもやらない』~】

と題して、片付けをいつまでに終わりにするのか、期限を決め得る事についてお伝えしました。

今回は、お片付けに取り組む期間別にアドバイスをお伝えしますね。

 

 

どのくらいの時間をお片付けに費やせるのか

日常生活を送りながら、お片付けに時間を割くのは大変なの事。

家事に育児に仕事など忙しい主婦は特にね。

 

では、どの位なら時間をかけられそうですか?

1日に〇分。

1週間に〇時間。

1か月に〇日。

すぐにはムリでも、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などまとまった休みの時なら取り組めそうですか?

かけられる時間によって、できる事は変わってきます。

 

目指すお片付けのゴールはどこ?

 

お片付けの目指すゴールをどこにするかで、すべき事が決まります。

大きな目標を立てるのは良いのですが、そこまでたどり着くまでに息切れしてしまうのは避けたいですね。

【ココまでは最低でもやりたい事】

そんな小さな目標を用意してくださいね。

 

ココまでやったなら、自分の中で『お片づけをした』と思える目標です。

例えば、

・日用品やストックが押し込められている押し入れを整える

・家じゅうの洋服を要・不要に分けて、クローゼット内を整理する

・モノがあふれるキッチンを整えて、使い勝手のよいスペースにする

 

場所別、物の種類別。

どんな目標を立てるのかは自由。

自分が気になる場所や物を、ひとつひとつ目標に掲げていきましょう。

 

短期で一気に

引越等で期限がある場合や、進級・進学等で今までの暮らしが変化する時は短期間に一気にしなければなりませんね。

そんな方に気を付けて欲しいポイント3つ。

①『迷い箱』を用意

要・不要の判断で迷った時は『迷い箱』にまとめて、悩む時間を節約。

箱の中身が多くなっても、それは『今は保留する』と判断した結果なのでOK!

②収納用品は買わない。収納場所は『仮置き』

一旦物を収納したとしても、その収納場所や収納方法が自分の暮らしに合っているのかわかりません。

どう収納しようか悩むより、どんどん試していきましょう。

③『定位置』を決めるために検証する

『仮置き』生活の中で、使い勝手はどうか検証しながら暮らしてみましょう。

前の方が便利だったな、こっちの方が良いかも。

そんな風に感じられたなら、どんどん変更してみて下さいね。

 

時間をかけて少しずつ

お片づけを少しづつ進めていくのは、ムリ無く継続しやすいのが魅力的です。

また、リバウンドも少なくなります。

しかし、少しずつ進めていくので、変化を感じにくいかもしれませんね。

 

少しずつ進められる方が気を付けるポイント3つ。

①お片付けの目的は何ですか?

長期にわたって片づけをしていると、何のために片づけを始めたのか分からなくなってしまう事があります。

『片付けよう』と思った理由やキッカケを見失わないようにしましょうね。

②写真を撮る

ビフォーアフターを確認しやすいように、お片付けを始める前に写真を撮影しておきましょう。

もちろん途中経過もね。

時間を経て、見直すとその変化を実感できますよ。

③片付けの取り組みに波があってもいい

習慣化を目指して毎日取り組むのもいい。

一気に片付けられない理由があってもいい。

 

出来ない時は休んで、できる時にまとめてやってもいいんじゃないかな。

自分のできる範囲の事を、休むことなく続けることが大切なんですよ。

 

 

『短期で一気に』するのか『時間をかけて少しずつ』か。

お片付けに関わる時間別に取り組むポイントをお伝えしました。

 

これから本格的な春です。

『さぁ、片付けよう!』って決心された皆さん、各々の掲げたゴールに向かって頑張ってくださいね。

 

 

◆ブログ担当:ライフオーガナイザー@兼重千鶴
お片付け以外にも、毎日を楽しく暮らすヒントを綴ったブログはコチラ
アメブロ【日々是ハピ楽生活】