大物を手放すだけで、片付けは一気に進む

福岡で片づけサポートをしているライフオーガナイザー@兼重千鶴です。

昨年秋より、『おウチのデトックス』と称して、我が家の物の見直しをしました。

元々捨てられない性分なもので、今まではどうしようか悩む物は『一時保管』をすることが多くありました。

ですが、この時は思い切って色々と大物を手放してみました。

すると、大きな気づきがありましたので、お伝えしたいと思います。

 

 

家具や家電を処分

上に物が積み上げられた状態の、就職して家を出た長女の現在使われていない学習机と、古いパソコン台がありました。

思い切って処分。

引き出しが壊れていた洋服ダンスや古いカラーボックスも処分。

保管していた加湿器や照明器具、使用していないその他の家電製品等も。

 

これらは捨てるのが面倒なので、ついついそのままに使用したり保管したりしていました。

その大物を処分すると、家の中にゆとりの空間ができました。

一気に『片付け、やりました感』が出てきました♬

 

一気に片付けが進んだ理由

物置の様になっていた家具類を処分しよう!

そう心に決めたら、次ぎにする事は、その家具類に置かれている物を片付ける事。

 

大抵、物置と化した家具に置いてあるようなものですから、日々の暮らしで重要な意味のある物ではありません。

大量の処分品がでて、一気に片付けが進み、空間にゆとりが生まれました。

片付けに弾みがついて、アレもコレもと手放す決心ができました。

 

日々の暮らしで使っている物は『小物』がほとんど

大物を片付けた後は、衣類や日用品や小物類のお片づけ。

一つ一つ、

『要るか要らないか』

『使っているか使っていないか』

最終的には、『自分のこれからの人生にとって必要か必要でないか』

そこまで考え込んでモノを選び取る作業は大変!

 

そこまでしてすっごく悩んで、『エイッ!』と手放すと決めても、たいした量にはなりません。

スペースに空きがあまり出ないので、何だか片付けが進まなくなったような気もしちゃいましたよ。

 

結局、

【無駄に場所を取る割に活用されていない家具類には、あまり必要な物は収納されていない】という事と、

それらを片付けると、一気に片付けが進むという事を実感。

 

そして、大物を手放した後のスッキリした気持ちは、何とも言えないですね。

すがすがしい気持ちでいっぱいになりました。

 

普段の生活で、『要らないかなぁ~』と思う大物をお持ちの場合には、思い切って手放してみるのもいいですよ。