入学前に整えておきたい、お子様の暮らしのルール

福岡でお片付けサポートをしている、ライフオーガナイザー@兼重千鶴です。

新しい年を迎えて、『春から小学生になります♬』なんてメッセージ付きの年賀状が届いた方はいらっしゃいませんか?

幼稚園や保育園とは違って、小学生ともなると今まで使用していたおもちゃとは違って、机まわりの整理整頓も必要になってきます。

 

我が家では、4人の子ども達を育てる中で、たくさんの失敗や反省を繰り返し試行錯誤いたしました。

その中で気づいた、入学前に整えておきたいお子様との暮らしのルールについてお伝えします。

 

それまでの暮らしとの違い

未就学児を持つママのお悩みは、『おもちゃを散らかして片付けない』というのが多いのではないでしょうか。

『片付けなさい!できないなら捨てちゃいますよ!』

そんな脅し文句に慌てて片付け始めるお子様もいた事でしょう。

 

また、いつも遊んでいたおもちゃがどこかに紛れて、見つからなくなる事はありませんか?

それでも、日々の暮らしで大きく困る事はなかったかもしれませんね。

 

ところが、入学後のお子様の持ち物は、捨てるわけにはいきません。

もう以前のような脅し文句は使えません。

 

それにもまして、教科書やノート、学用品等はないと困る必需品です。

見つかるまで必死に探すか、改めて買い揃えるか。

どちらにしてもムダな時間やお金がかかります。

 

お子様自身は、それまでとこれからの暮らしの違いを理解するには時間がかかります。

親としては、今から入学前までに、お子様の暮らしを整えておく必要がありますね。

 

明日の準備

小学生になると、次の日の時間割に合わせて、持ち物を用意しなければなりませんよね。

しかも用意しなければならない持ち物が、毎日変わるから大変!

毎日チェックする必要が出てくるのです。

そのためには、現在通園している園の準備を自分でできるようにしておきましょう。

 

 

まずは靴下やハンカチ・ティッシュ等はお子様が自分で取り出しやすい場所やケースに収納しましょう。

帰宅後は通園バックから中身を出すお約束もして下さいね。

 

この、カバンの中を毎日出すルールは、参観日のお知らせ等のプリントを出し忘れ防止にもなりますよ。

私の場合、学校行事への出欠の返事が必要な時、督促で慌てたことが何度もありました(泣)

 

その際、出した物を置く場所を決めておくこと!

また、通園バックを戻す場所も決めておきましょう。

入学後にランドセルを決まった場所に戻す練習にもなります。

 

実際に入学したての頃は、お子様と一緒になって明日の準備をする必要があることでしょう。

忙しいママはその時間さえ、もったいないと思われるかもしれませんね。

でも、はじめが肝心!

親向けに大量のプリントが配布されるし、お子様も慣れない生活に心が落ち着かない時期。

 

親子で一緒にすることで、お子様とのコミュニケーションをとり、お知らせの見落としも防げます。

親の目を入れて日々繰り返す事で、結果的に正しい習慣づけにかかる時間が短くなります。

 

入学前はとかく物品の用意に気を取られてしまいますが、今から行動習慣のルールを整えておくと、入学後の暮らしがラクになりますよ。