名もなき家事のイライラは仕組みで解決!『お掃除・洗剤管理編』

【名もなき家事】をラクにするヒントを連続してお伝えしています。

1回目は『脱ぎっぱなしの服を片付ける』
2回目は『家計管理・節約編』
前回は『お掃除・準備編』について。

本日は『お掃除・洗剤管理編』です。

最近は用途が限定された表記の洗剤が販売されていますが、それらを全て購入していたら、収納やストック管理の手間がかかります。

 

使用する洗剤の種類を減らすだけで、家事の手間が減っちゃうなんてよくないですか?

今回は洗剤の数を減らすポイントをお伝えしますね。

 

汚れが落ちる仕組み

通常の暮らしの中にある汚れは、大抵は水やお湯で濡らした布で拭くだけで落ちます。

必要以上に洗剤に頼る必要はありません。

 

例えば、ガラス専用の洗剤は使用しなくても問題ありません。

逆に拭いた時にガラスに拭き跡が残ってしまい、ソレが気になる事に。

 

おススメの窓ガラスの掃除は、水を含ませた布で一度軽く拭き、スクイージでの仕上げ。

汚れがひどい場合は、水が滴るくらいの布で拭いてからスクイージを使用するといいですよ。

 

汚れの種類

汚れにはそれぞれに性質があります。

 

*酸性の汚れは、油汚れ、皮脂汚れ、手アカ等

・酸性の汚れ⇒アルカリ性の洗剤

 

*アルカリ性の汚れは、尿石、水アカ、石鹸カス等

・アルカリ性の汚れ⇒酸性の洗剤

 

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使用して、【中和】させて落とすのが基本です。

使用する場所で洗剤を選ぶのではなくて、汚れの性質に合わせて洗剤の液性を選びましょう。

すると、余計な時間も手間もかけずに簡単に落とすことができますよ。

 

洗剤は兼ねる

液性で洗剤を選ぶようになると、洗剤は意外と兼用できることに気づきました。

酸性・中性・アルカリ性の洗剤があれば、大抵の汚れは落とせるのですから。

 

例えば、アルカリ性の汚れは、尿石、水アカ、石鹸カス等。

これらは一般的に、トイレ・キッチン・浴室の汚れを指します。

 

という事はアルカリ性の洗剤1本あれば大丈夫って事!?

答えはYES!

 

我が家の場合を例に説明しますね。

ずっとトイレ専用にしていた洗剤【ドメスト】

よくよく説明を読めば、『トイレ・浴室・台所用品洗浄剤』とあります。

用途には排水パイプの汚れ落としの記載も。

 

そうなると、今まで使用していた排水パイプ専用の洗剤や、キッチンハイターは不要に。

この洗剤でシンクを磨けばピカピカになるし、ちょっとしたお風呂のカビも落ちます♪

 

一気に洗剤の種類が減りますよね。

汚れの性質と洗剤の液性との関係を知れば、最低限の洗剤で家じゅうピカピカ!

余計な洗剤を買う必要はなくなり、洗剤の収納スペースは減り、ストック管理の手間も省けて、家事がラクになる事は確実(笑)

 

長くなりましたので、今回はここまで。

次回は私のおススメの洗剤をご紹介しますね。