片付けの極意Part3~片付けに終わりはないからリセットの時間を~

片付けの極意と称して、

Part1は【本当に必要な物を選ぶ】について。

Part2は【捨てる覚悟】についてお伝えしました。

今回は【リセットの時間】についてお伝えします。

 

 

一念発起して片付け or 少しずつ 片付け

『このままじゃいけない』と一念発起してお片付け。

子供の成長や暮らしの変化に合わせてお片付け。

 

取り組み方は人それぞれで、どちらのやり方でもOK。

進めやすい方法でいいのです。

だって片付けに【正解】はないから。

 

片付けに終わりはない

自分の理想の暮らしや物と向き合って、家の中のを整理した時、『やっと終わった』とホッとする方は多いのではないでしょうか。

でもそれは大間違い!

一旦終わったかのように思えても、実のところ今までの暮らしを一旦リセットしたにすぎないのです。

 

時間と労力をかけて今までの生活をリセットさせても、日々の暮らしを変化させる意識がないと、その後の暮らしは以前と変わらずに繰り返されてしまいます。

 

せっかく片付けたのだから、その状態を継続させたいとは思いませんか?

 

キレイをキープさせる毎日の片づけ

家の中が散らかるメカニズムは簡単。

【~ぱなし】と【とりあえず】の生活です。

 

「使いっぱなし」「出しっぱなし」「置きっぱなし」とか。

「(元あった場所じゃないけど)とりあえずどこかに突っ込んでおく」とか。

そんな行動習慣が多いと、散らかるのは必然!

 

キレイをキープするには、使った物を元に戻すという【後片付け】の心がけが重要なんです。

 

【後片付け】=物を使う度にする【毎回の片づけ】

そんな【毎回の片づけ】が溜まらないように、毎日必死で片づけなきゃいけないなんて。

なんだか考えただけでゲンナリ…って感じじゃない!?

 

リセットの時間

使う度に元に戻すプレッシャーに打ち勝つには、【リセットの時間】を設けましょう。

 

例えば、お子様がおもちゃを片付けるなら『寝る前』なんていいですね。

 

我が家では寝る前に絵本を読むのが日課でしたので、片付け終わったら読んで欲しい絵本を持って寝室に行くのがお約束でした。

 

また、フルタイム勤務の時は毎週の土or日曜日の午前中に、お掃除と家じゅうのリセットの時間としていました。

どっちかの日にすればいいと緩めに設定(笑)

 

リセットの時間を決めることは、四六時中『片付けなきゃ!』と感がるストレスから解放されるのでおススメですよ。

自分にとって無理のないタイムスケジュール設定にして、継続してくださいね。