梅雨の時期 洗濯物を室内に室内干すには

間もなく梅雨の季節到来です。

となると洗濯物の扱いに悩む主婦が急増しますね。

大抵は【室内干し】となってしまうのではないでしょうか。

お片づけで伺ったお客様から、室内干しのスペースのご相談を受けることがあります。

室内干しでなかなか乾かない洗濯物のせいで、家の中が片付かない!なんてイライラしちゃいますものね。

 

干すスペースはお客様のライフスタイルや間取り、住宅設備によって色々。対策も色々です。

今回は室内干しに向けて、住まいの整え方をお伝えしますね。

 

干す場所はどこですか?

いつもどの場所に干していますか?

浴室に乾燥機能が付いていたり、普段使っていない部屋がある方はそんなに悩まないかもしれませんね。

そうでないご家庭では、リビングに干す方が多いのではないでしょうか?

 

ありがちなのがカーテンレールに干す!?

 

でもね、水分を含んだ洗濯物は意外と重いモノ。

カーテンレールが変形したり、最悪では外れてしまうケースも!

くれぐれもカーテンレールに干さないようにしてくださいね。

 

カビやダニに気を付けて

梅雨と言えば、ダニやカビが気になりますね。

しかも、それに加えて室内干しをしていては、高温多湿となって、さらに繁殖しちゃいます。

 

湿気対策では、エアコンの除湿モードや除湿器を利用しましょう。

他には扇風機を活用してはいかがでしょうか。

洗濯物に風を当てると早く乾きますよ。

 

家具の配置にも一工夫。

壁から少し離して、空気の流れ道を確保してくださいね。

 

また、部屋に物が多く、お掃除が行き届いていない方は、梅雨前にお片づけに取り組みましょう。

物を減らして、収納スペース内に隙間を作り、除湿剤を設置しておくといいですね。。

 

それから、室内に衣類を干しているので、部屋の中には繊維がホコリとなって舞います。

ホコリはダニの温床になります。

この時期はマメに拭き掃除を行いましょう。

室内干しの際は、十分な換気とマメな掃除で、ダニやカビの対策を心がけましょう。

しっかりと部屋干しの準備を整えて、梅雨を快適に過ごしましょう!

 

次回は室内干しグッズをご紹介いたしますね。