レジ袋の収納どうしてる? Part1

お片付けに悩む方に、少しでも楽な方法をお伝えしている兼重です。

 

自分に合ったお片付け方法を見つける手掛かりになればと、いつもレジ袋収納の例を挙げてお話ししています。

 

 

私のお片付けのポイントは【面倒くさくない】

もちろん【見た目重視の収納】の方もいらっしゃいますね。

 

あなたにとってのポイントは?

 

今回はレジ袋収納を例に、お片付けストレスを減らす【面倒くさくないから続けられる収納】について記事にしますね。

 

レジ袋の収納問題

今はエコバックが主流です。

それでも、レジ袋の収納場所について悩む方は多い。

(片付け上手な方は、レジ袋程度では悩まないかもしれませんが…。)

 

モノを手放すのが本当に苦手な人は、結構溜め込んでいます。

穴が開いていても、汚れが付いていても。

しかも、1か所じゃなくてあちらこちらに。

 

また、頑張ってキレイに畳んだ形跡があっても、その上に新しいレジ袋が突っ込まれるケースも多く見受けられます。

そんな時は、『頑張っていらっしゃったんですね~。今度はもっとラクな方法で片付けましょう♪』ってご提案。

 

キレイに収納してもリバウンド…

私は以前、片付けられない女です。

何とかしようとお片付けの本や雑誌を読んでしました。

たいてい『レジ袋はキレイに畳んで収納』と紹介されていました。

三つ折りとか、四つ折りとか。

この方法だとキッチンの引き出しの隅に入れて置いても場所をとりません。

 

初めはキレイに収納されたレジ袋を見て、うっとり~♡

 

…そんな時間はいつまでも続かず、すぐリバウンド!

だって日が経つにつれ、レジ袋を畳むのが面倒くさくなっちゃって(汗)

 

元々面倒くさがりだから、家が散らかっちゃう訳!

 

何度もチャレンジしたんですよ。

子どもと一緒に畳んだり、TV見ながら畳んだり。

 

でもね、当時はフルタイム勤務。

子育てと仕事の両立で時間が足りず、片付ける時間さえないのに、ワザワザ畳む時間なんてありません!

 

【キレイに畳まれたレジ袋収納は、見た目はキレイ&省スペース!】

それは理想であって、現実は『面倒くさがり』な私にはムリでした(泣)

 

畳むこと自体が【ストレス】だと気づいた私。

レジ袋を『キレイに畳んで、キレイに収納する』考えを捨てました(笑)

 

長くなりましたので、次回に続きます。