洋服の一時置き場のススメ

4月になり、新年度がスタートですね。

なんだかウキウキ&ソワソワして、落ち着かない方も多いのではないでしょうか?

心機一転のつもりで、ついつい新しい洋服を買っちゃうなんて事あるよね。

 

増え続ける洋服の管理の中で、『洗濯するほどでもない洋服』についてのご相談はよくあるケース。

今日は洋服の一時置き場についてご提案です。

 

 

洗濯するほどではない洋服

ちょっと外出した時に着ただけの洋服、みなさんどうされていますか?

 

すぐにクローゼットに収納せずに、ハンガーにかけて一時的に別の場所に置かれている方が多い事でしょう。

ではニット類やTシャツ、ジーパンなどはどうされていますか?

洗濯したばかりの洋服と一緒に置くのは何となく…って思われる方がほとんどでしょうか。

 

そう思って、リビングや寝室のベットの上など放置されて、しまいには衣類の層ができていませんか?

 

専用の一時置き場で

そんな洋服には専用の一時置き場を作りましょう。

各人専用のカゴなどを用意して、クローゼット内や室内に指定席を作るのです。

帰宅後、洋服を脱ぐ場所近くに作るのがポイント。

あまりに遠いと、その場所まで行くのが面倒臭くて、結局部屋のあちらこちらに散乱しますよ。

 

我が家の場合

我が家は4人の子ども達がいましたので、全員分のカゴを設置する場所に悩みました。

そこで、積み重ねられるカゴにしました。

設置場所は洗面所。

 

帰宅後、汚れている物は洗濯カゴにポイッ。

それほどでもない物は一時置き場に。

 

一度しか着ていなくて、でも何日もそのまま放置していたら、再度着る気にはなれませんよね。

そんな時も部屋の中に置きっぱなしにならずに、洗濯カゴにポイッできます♪

 

引き出し式収納のように、わざわざ引き出す必要がなく、洋服もクルッと丸めて前方から入れるだけ!

なので、未就学児でも面倒臭がらずに自分の洋服を管理できていましたよ。

 

リビングや部屋のあちらこちらに洋服の層ができるのを防げれば、我が家の心よさがグッとアップすることでしょう