春のお片づけ 3月に見直したい書類編

前回の記事は3月に見直したい物お子様のモノ編でした。

今回は、この時期だから見直したい書類整理のポイントをお伝えします。

 

新年度、新学期前に

お子様が園や学校に通っていらっしゃるご家庭では、1年を通してたくさんのプリントが配布されています。

さらに子ども会や習い事などの書類も合わさると、結構なボリュームです。

 

マメに整理をされていても、「保管しておいたほうが良いかも…」と大事にとっておいたり、

『後でしよう…』と思っているうちに、気が付けば年度末なんてことありませんか!?

 

新学期になると、また新しいプリント類が配布されます。

新しい生活に備えて、書類を保管する仕組みづくりをしておきましょう。

 

また、PTAや子ども会・保護者会等の役員をされていた方は、その役に関する書類をたくさんお持ちではないでしょうか?

次年度の方への引継ぎ資料をまとめたり、お役御免となった書類は処分しましょう。

 

確定申告等

個人事業主の方はもちろん、最近流行りの『ふるさと納税』や医療費控除等で確定申告をされた方。
無事終わってホッと一息ついてませんか?

 

帳簿等は保存期間が義務づけられています。
例えば、個人事業主の帳簿書類は青色申告なら7年、白色申告なら5年など決められた年数を保管します。
保管期限の過ぎたものは処分し、書類提出の控え等の書類も合わせて、年度ごとに大切に保管しておきましょう。

簡単な書類整理のポイント

書類の整理をするときの仕分け基準として、

  • 保管する必要があるorない
  • 今後の生活で使用する orしない
  • ウェブ上に存在・確認ができるorできない

…等を参考に、溜めていた書類をチェックしてみましょう。

そして、保管するとなった書類は、内容ごとにまとめ、クリアファイルに入れてインデックスを付けましょう。

そして、ファイルは大きい分類項目に分けた【2つ折りの個別フォルダ】にファイルごとポンポン挟み込むだけ!

書類整理に苦手意識がある方は、『きちんとしなければ』と思っていることが多い。

『ファイルのインデックスはテプラで作らなくちゃ』なんて考えるのはやめましょうね。

 

必ずして欲しいのはインデックスを『付ける事』ですよ!

 

私がおススメしているのは【フィルム付箋】

付箋のように貼ったり剥がしたりが可能なのに、紙じゃないので耐久性もバッチリ。

 

 

100均ショップにある物で十分なので、低コストでお気軽に使用できます♪

これだけで、必要な書類を探す時間がずっと減りますよ。