引っ越し談話Part2 荷造りは物を手放す絶好のチャンス

引っ越しの時は、現在持っている物を見直す、絶好のチャンス!

私は引っ越し屋さんで開梱&梱包のアルバイトの経験もあります。いわゆる“ラクラクなんちゃら”ってオプションサービスの担当です。

 

時々『これは新居で必要なもの!?(何年も前の賞味期限切れ食品やホコリまみれの物体)』も丁寧に梱包し、その後、新居の片隅に収めたりしたことも。

 

そんな時、事前に持ち物を見直していたら、新生活スタートの空間はまた違う景色になったはずなのに、と思ったり…。

 

普段、物を捨てることに抵抗のある方でも、この機会に思い切って不要な物は手放しましょうよ。

 

 

引っ越しの荷物が少ないメリット

 

 

引っ越しの荷物が少ないとね、良い事たくさん!

 

①引っ越し費用が安くなる♪

運搬する荷物の量で料金は変動します。

もちろん、大物家具や家電製品の数によっても違いますが。

 

引越し業者の見積もり依頼の前に、できるだけ物量を減らしておくのがオススメです。

 

万が一、引っ越し当日に『やっぱり要らない』となった場合でも、引越し業者によっては処分を引き受けてもらえます。

ただし、割高。

安易に引越時に処分すればいいと考えないで!

自分で処分するほうが、費用は抑えられるのですよ。

 

②荷物の梱包&開梱作業がラクになる♪

荷物の梱包や開梱作業は、意外と時間がかかります。そして重労働。

梱包材等の料金もかかるし、開梱後はゴミの処分問題も。

少しでも手間を減らすために、荷物極力少なくして、ラクを選びましょう。

 

③不用品を売って、引越し費用の足しに♪

新居では必要無くなる家具や家電なら、売ってみるのはどう?

リサイクル業者でも自らネット販売でも、引越し費用の足しにしてみてはいかがでしょうか。

でも、引越し時には他にも色々と雑務も多い。

時間にゆとりがあれば、ってとこですが。

 

 

全ての物と向き合える時間

 

 

引越し時に荷造り作業をするのは、大抵主婦。

なんで私ばっかり、と感じる方が多いかもしれません。

 

そんな時は、ちょっと考え方を変えてみて!

『家の中にある全ての物と向き合える時間』なんて、そうそう無いはず。

(まぁ、転勤族の方々は十何回とか経験される強者をいらっしゃいますが)

 

物を手放すだけじゃなくて、自分の未来の暮らしや人生を見つめ直す絶好のチャンス🎶

そんな貴重な時間でもあるのです。

人生を変えるかもしれない引越の荷造り、目一杯楽しんで下さいね。