年賀状の整理

あけましておめでとうございます。

2019年を迎えて、一週間が過ぎました。

年末年始の慌ただしさも、落ち着いた頃でしょうか。

 

お正月の楽しみの一つといえば『年賀状』

(最近の若い方はメールやSNSが普及し、年賀状を出すことは少ないかも)

年賀状は長年お会いする機会のない方の近況を知る事ができるので、元気で暮らしている様子をうかがい知ると、やはり嬉しいですよね。

 

 

年賀状の保管

 

年賀状には住所や連絡先が記載されています。

住所録としての役割もあり、我が家ではかなりの年数分を保管していました。

 

それこそ写真付きや手書きなどは、年数に関係なくず~っと保管。

捨てるのがしのびなく、処分できませんでした。

 

手放せるようになったのは、つい最近のことです(汗)

 

 

 

我が家では年賀状作成をパソコンでします。

パソコンで作成される方は多いですよね。

 

年賀状作成ソフトは、一度住所を入力すればデータを残せます。

 

最近ではいつ・誰に出したのか、送受記録可能なソフトも。

そうなると、住所録としての保管理由はなくなります。

 

 

それでは、写真付きや手書きの年賀状はどうでしょう。

私自身は処分するには相手に失礼な気がして仕方ありませんでした。

 

 

でも、ふっと気づいたのです。

 

年賀状は『お世話になった方へのお礼の挨拶』や『お元気でいらっしゃいますか?・『元気で暮らしていますよ』等の想いを伝える手段。

受け取って拝読した時点で、お役目を果たしている訳です。

 

そして何より、私が送った年賀状を相手が手放していたとして、『ひどいわぁ~』なんて考えないなぁ、と。

 

きっと相手も同じはず。

 

『せっかく送ったのに!』なんて思う人とは、お付き合いを続けたいとは思わないし(笑)

 

 

期限を決めて保管する

 

特に必要期限がない物は、ずっと保管し続けてしまいますよ。

期限はご自身で決めてくださいね。

 

自分にとって必要だと考える期間でいいのです。

もし、処分するのが忍びないと思われるのであれば、ずっと保管でも(笑)

 

 

私の場合は『3年分!』と決めて、1年毎に保存袋に入れています。

今年の場合を例に上げると

①今年の分と昨年末に届いた喪中のハガキのセット

※年末に送付先を選ぶ時の参考に

②昨年分のセット

※稀に住所が変更になっているケースがあるので、過去に遡って確認する時のため

③一昨年のセット

※必要ないかもと思いながら、念のために

 

執着がなければ、過去2年分の保管で十分かもしれませんね。

 

 

破棄することを選ばれた場合には、個人情報に気をつけて!

安易にゴミとして破棄せず、細心の注意を払うようにしましょう。