ラク家事の基本 出しっ放し収納 (後編)

自分にとって“心地良い”と感じるキッチン

そんなある日、片付け上手の友人が我が家へ。

『出しっ放しは掃除しにくいでしょ!?

中に収納したほうがラクよ~』とのアドバイスを受けます。

アドバイス通り、物は中に収納し、キッチンを磨き上げる日々を続けましたが、キレイをキープするには日々のストレスが増えるばかり。

人によって求める理想のキッチンのあり方は違うんですね。

キッチンの掃除がラクなように収納方法を選ぶ方もいます。

また、美しい収納を見てうっとりの心地良さを優先する人もいるでしょう。

私の理想は、使いたいモノが使いたい時に、ワンアクションで、手を伸ばしたら届く位置にあること。

ピカピカのキッチンを毎日眺めることよりも、家事がラクな生活を望んでいるのだと気づいた出来事。

“出しっ放し収納”のポイント!

色々と出しっ放しにでは、ちょっと雑多な感じ。

いつも使うものを厳選して、出しっ放しにしましょう。

しかも、どうせならワンアクションで取り出しやすく。

一歩でも動く距離を少なくして、ラクしちゃってる感を楽しみましょう。

オシャレに調理器具をディスプレイしたりと、ご自身のセンスを活かした暮らしも良いですね。

その他、収納用品やモノのテイストを揃えると、見た目スッキリ!

たかが出しっぱなしと侮るなかれ。

ラク家事目線で見れば、優等生な収納方法なのです。