【MIYAKOの佐世保フォト開拓記】セイルタワーと入港ぜんざい

お盆休みが終わった途端、少し涼しくなり、夏の終わりが近づいているのを感じます。
寂しいような、ホッとしたような・・・
こんにちは MIYAKOです。

【MIYAKOの佐世保フォト開拓記】、今回はちょっと寄り道的な内容にしました。
前回の佐世保市民文化ホール(旧佐世保鎮守府凱旋記念館)訪問の後、道路を挟んですぐそばにある、海上自衛隊佐世保史料館にも行ってみました。

通称「セイルタワー」



古い建物の上に、ガラス張りの近代的な建物が増築されている、古さと新しさが共存した綺麗な建物です。
船の帆にも見えることから「セイルタワー」と呼ばれているそうです。
現在のこの建物は1997年に開館したものだそう。



実はこの海上自衛隊佐世保史料館・・・

「館内撮影禁止」

なのです(涙)

福岡のローカル情報番組でも以前石原良純さんが訪問されていて、同じくテレビカメラは入れないと言われていて撮影禁止なのは事前に知っていましたので、予定ではあまり時間をとっていなかったのですが・・・見学してみると予想以上に展示がものすごく充実していて、サラッと見るだけでも1時間はかかる感じです。好きな人はじっくり見たら半日かかるのではないでしょうか。

写真を撮れないのが本当に残念・・・!(まだ言ってる)
展示史料が膨大なのでとても気軽に写真に収められるような量ではなかったですが、護衛艦「くらま」の操舵室の再現部分は「写真撮りたい〜〜〜」とジタバタしてしまいました(笑)
唯一、1階エントランス部分に、自衛隊の制服を羽織って記念撮影ができるフォトブースがあります。

また、建物の外に、護衛艦「くらま」のアンカー(錨)の実物がモニュメントとして展示されています。


すごく大きい!どのくらい大きいかというと・・・


このくらいです。
(あ、座ってもよかったのでしょうか・・・そっと座りましたが・・・)

こんな感じで、レンズを通した撮れ高は少ないですが、目では沢山の史料を見ることができました。

人気のごはん屋さんへ

ちょうどお昼時になったので、アーケードに移動して、お目当のごはん屋さんに。


ムギハンplus」というお店です。


12時前にお店に着いたら、お店の前に何人もの人がいたので、「も、もう満席?!」と思いましたが、12時オープンなのでオープン待ちの人たちでした^^;
でも、オープン前から人が待ってるなんて、人気のお店なんですね!



程なくお店がオープンして、無事第一陣で入ることができました。


事前に色々リサーチして、うどんや蕎麦のメニューも充実しているお店なのですが、今回は「笹膳」と「グリーンカレー」を注文しました!


セットのサラダを、+100円でグリーンスムージーに変更できるということで、お願いしました。


こちらがグリーンカレー。結構辛いです!
そして野菜もたっぷり。暑い夏にスパイシーなカレーは最高ですね。


こちらが笹膳。せいろのようなわっぱのような器に、笹の葉が敷かれていて、その上におにぎり、とり天、いなり寿司、卵焼きが盛り付けられています。
また茶碗蒸しとミニサイズの麺(蕎麦かうどんを選べます)も付いています!



美味しそうでしょう♪
どちらもとても美味しかったです!

そして、実は一番食べたかったのはデザートなのです。



このお店の「入港ぜんざい」が人気ということで、以前から食べたかったのです。

入港ぜんざいって?

海軍が帰港する時、入港日前日に乗員に振舞われるぜんざいを「入港ぜんざい」というそうです。
佐世保ではこの「入港ぜんざい」が街の名物のひとつになっているということです。


こちらがムギハンplusさんの入港ぜんざい。
ぜんざいに、小さいたい焼きがのっているのです!
かわいいですね。

温かいぜんざい、冷たいぜんざいを選ぶことができたので、暑い日だったので冷たいぜんざいにしましたが、たい焼きはホクホク温かい♪
とても美味しかったです。


そしてこちらは夫が頼んだ抹茶和パフェです。わらび餅と白玉が好物の夫にはたまらない一品だったようです。
こちらのお店はデザートも充実していました。


夜はワインバーのような感じで営業しているようで、メニューの数がすごい!メニュー名を見ただけでもどれも美味しそうです。



週末のランチタイムで終始賑わっていましたが、お蕎麦やうどんをサクッと食べてサクッと帰る人も多く、満席で入れない・・・ということもなさそうでした。
(写真は人がいなくなったタイミングで撮っています)

今回は「セイルタワー」と「入港ぜんざい」、佐世保らしい海軍の香りを感じられる場所をダブルでお届けしました!

それではまた次回の記事で。