魚の美味しい長崎だから

秋が深まりそろそろお鍋が美味しい季節になりました。
佐世保からの帰り、潮流渦巻く西海橋を渡りきったところにちょっと気になるお店がありまして、ちょっと寄り道してみました。

西海橋を渡りきったところに有るそのお店は、「魚魚市場」その名の通りの魚屋さん。
魚屋といえばこの季節は鍋の材料。有るかな?

魚魚市場の魚 黒鯛、あら、ヒラス

有りました!
その日捕れた新鮮な魚が並んでいました。しかもお値段お手頃。
かごで売られている牡蠣も種類が色々あり、いけすには伊勢海老も。

なんとおつまみになりそうなミナやヒオウギ貝などの貝類も、
活きたまま売られているんですね。

新鮮で美味しいお魚が手に入るのは、海に囲まれている長崎ならでは。

でも海鮮を置いてある産直のお店には、鯵や、イワシ、鯖などと違って調理法が分からない魚も有ります。「こち」や「ぐち」などはいつも有る魚では無いですがたまに見かけます。
どうやって食べるんだろう?焼くか煮るしか思いつかない。

そこで、近所のおばちゃんに煮付け以外の地元の魚の調理法を聞きました。
「こち」「いしもち」[小アジ」「もちのうお」見かけたら是非挑戦してみたい魚です。

「こち」食べやすい大きさにぶつ切りにします。
細長い、どこからどう調理してよいのか分からない魚ですが、ぶつ切りだと簡単ですね。
唐揚げにしても美味しいらしいのですが、おばちゃんおすすめはにんにく醤油煮でした。
ぶつ切りしたこちを鍋に並べてお酒を注ぎ、沸騰したらにんにくと鷹の爪、醤油、砂糖で味付け。
にんにくが効いたピリ辛のお煮付けはお酒のつまみにも良さそうです。

「いしもち」お腹を掃除したらそのまま塩コショウをします。
身が柔らかい魚なので扱いにくそうですが、ムニエルが美味しいそうです。
フライパンで焼くだけなので簡単ですよね。
唐揚げも美味しそうですが大きな鍋を用意しなければならないし、フライパンでムニエルなら簡単に出来そうです。

[小アジ」開いて、みりんと醤油を同割のタレに漬け込みます。
調理するのが面倒ですが、新鮮な鯵で作るみりん干しは格別。
半日くらい漬け込んだらタレからだして、ごまを振りかけ天日に干します。
1日〜2日、干したら食べれるので、取り込んで食べない分はそのまま冷凍します。
安い時は、一パックに相当な量入っているので調理も大変ですがその分食べる楽しみも。

「もちのうお」お腹を掃除したら水気を拭いておきます。
お味噌を味醂で溶いたものを表面に漬けて、1〜2時間置いて味噌を拭き取り焼きます。
軽く片栗粉を付けて油で揚げても美味しいそうです。

新鮮だし、安いけど、調理法が分からなくて手を付けられなかった魚をレパートリーに加えてみませんか?

私は、せっかく、魚の美味しい所に住んでいるので、
次は早起きして佐世保の魚市場まで出かけてみたいと思っています。