賢い主婦のスマホ決済講座 1 -話題のスマホ決済とは-

昨年辺りから話題になっているのが「スマホ決済」です。
PayPayやLINE Payなど、テレビCM等でご覧になり、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。
今回はスマートフォンで支払いができるスマホ決済についてお話しします。

スマホ決済とは

簡単に言えば、手持ちの現金ではなくスマホで支払いを済ませることです。
国内では以前から「おサイフケータイ」と呼ばれる支払い方法がありますが、基本的に同じ仕組みですので、特に難しいことではなさそうです。

スマホのアプリで各種登録と事前の入金を行うことでスマホ決済が可能となります。
銀行口座やクレジットカードを登録することにより入金ができますが、スマホ決済で支払いをするためには事前の入金が必要です。
つまりプリペイド式の支払いということになりますね。

どこで使えるの?

スマホ決済が可能なお店は続々増えていますが、一番身近なのはコンビニエンスストアでしょう。すべてのスマホ決済サービスが利用できるわけではありませんので、事前に使えるコンビニをチェックしておきましょう。

現在は家電量販店や飲食店、美容室などスマホ決済が利用できる店舗が増えています。
今やスマートフォンの普及率はモバイルの7割を超えているといわれていますし、対応したお店やサービスがさらに増えれば、案外早い時期にスマホ決済身近な存在になるかもしれません。

スマホ決済のメリット

最大のメリットは現金を持ち歩かなくてもいいという気軽さにあります。
日本人は欧米諸国に比べると現金主義が根付いていて、常に財布の中に現金がないと不安だという方も多くいらっしゃいますが、小銭をじゃらじゃら持ち歩くよりもスマートで、セキュリティの面でもより安全です。

そしてメリットとして見逃せないのはポイント機能です。
昨年末にスマホ決済サービス「PayPay」が総額100億円の20%還元キャンペーンを実施したことは皆さんもご存じだと思いますが、決済金額に応じたボーナスポイントが付与されることでお得感が増します。

付与されたポイントは別の買い物の支払いに充てられますので、これまではサービスの一環だったポイントが別のお店でも使える「通貨」となるのです。

スマホ決済のデメリット

良いことだらけのスマホ決済ですが、不安な点もいくつかあります。
一つはクレジットカード等の個人情報のセキュリティの心配です。実際PayPayでもカード情報の悪用騒ぎがありましたし、その点を不安に感じていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
現在ではスマホ決済各社ともセキュリティ対策にしっかり取り組んであるので、大きな問題はないと思います。
今後使用する人が増え、ルールやマナーが定着すれば、より安全な環境になるでしょう。

もうひとつのデメリットは、現金でない分、ついつい使いすぎてしまうかもしれないということです。
特にクレジットカードと連動していれば、手元の現金が足りなくても購入できてしまうので、衝動買いやムダな買い物に繫がるかもしれません。

しかしスマホ決済であれば、利用明細がはっきりと記録されるため、ムダ遣いが可視化されます。そうなればお金の使い方をしっかり管理でき、むしろムダ遣いが減ると思います。

スマホ決済の手続きは難しい?

スマートフォンをお持ちの方であれば、ほとんどの方がスマホ決済を利用することができます。
手続きはお手持ちのスマートフォンだけで完了しますし、手順もシンプルなので登録作業も思ったほど手間ではありません。

登録の流れは
1.自分に合ったスマホ決済サービスを選ぶ
2.スマホ決済アプリをインストールする
3.個人情報を設定する

このステップで最低限のスマホ決済サービスが利用できます。

次回は、この流れの一つ一つについて解説していきたいと思います。