チェックしてますか?スマホアプリのアップデート

スマートフォンを操作しているときに「アップデートしてください」というメッセージが頻繁に表示されること、ありませんか?

インターネットは日進月歩。素晴らしい進化を遂げる一方、危険やトラブルに遭う可能性も増えています。
スマートフォンはそんなインターネット常時接続された端末です。
メリットを享受し、リスクを減らすためには、スマートフォンのアップデートは必須の作業です。

しかし・・・
「アップデートってした方がいいの?」
「アップデートの仕方が分からないから放置してる」
みたいな声をちょくちょく耳にするのです。

中には
「アップデートするとスマホの調子がおかしくなる事がある」
という話を聞いて、アップデートに消極的な方もいらっしゃるようです。

それではスマートフォンのアップデートはどのようにするべきなのでしょうか。

今回はスマートフォンのアップデートの方法についてお話ししたいと思います。

アップデートはおおきく2つ

スマートフォンにはおおきく2つのアップデートがあります。
ひとつはスマートフォンそのものを動かすための基本ソフト(Android、iOSとよばれるもの)のアップデート。
もうひとつはお使いのスマートフォンにインストールされている応用ソフト、いわゆるアプリのアップデートです。

いずれのアップデートも、その時点で判明しているスマホ操作上の問題点を解決するためのものです。
あるいは、現状より高機能を発揮させるための準備でもあります。

基本ソフト(OS)のアップデート

まずはアップデートする必要があるかを確認する必要があります。
AndroidもiPhoneもOSのアップデートが必要な場合は通知が届きます。
iPhoneであれば、「設定」アイコンに赤い印が付きますので、すぐ分かると思います。

Androidの場合は、お知らせを確認するか、「設定」をタップし、「システム」の項目の中にアップデートを確認できます。
(機種やメーカーによって表示や場所が異なります。)

アップデートが必要な場合は、積極的にアップデートを行いましょう。

OSアップデートの際の注意

OSのアップデートの場合、ダウンロードするデータ量が多いことがほとんどです。
アップデートは、ご自宅のWi-Fi環境で行いましょう。

それからOSのアップデートを行った場合に、一部のアプリが正常に動作しないことが希にあります。
ほとんどの場合は問題は起きませんし、修正アップデートもすぐに行われますが、アップデートすることが心配であれば、携帯電話のショップ等に事前に確認をしてみてください。

応用ソフト(アプリ)のアップデート(iPhone編)

スマートフォンにインストールしたアプリも頻繁にアップデートされています。気がついたタイミングでも構わないので、積極的にアップデートを行いましょう。

iPhoneの場合は「AppStore」を開き、画面右上のアカウント(自分のアイコン)をタップします。
アップデートが必要なアプリがある場合は、そのアカウントページに表示されます。
複数ある場合は、「すべてをアップデート」をタップすればアプリのアップデートが始まります。

応用ソフト(アプリ)のアップデート(Android編)

Androidスマートフォンの場合は「Playストア」を開き、画面左上の三本線マークをタップします。
一番上にある「マイアプリ&ゲーム」をタップすると、アップデートが必要なアプリが表示されますので、「更新」または「すべて更新」をタップします。

自動アップデート設定がおすすめ

なんだかスマートフォンにはたくさんのアップデートが必要なようで、面倒に思われる方もいるかもしれませんね。
あるいはついつい忘れてしまうと・・・

そんな方に安心なのは、自動アップデート設定です。

特にアプリのアップデートは自動アップデートをおすすめします。

iPhoneは「設定」から「AppStore」をタップし、一番上の「自動ダウンロード」のスイッチをON(緑色)にします。

Androidの場合は、Playストアを開き、画面左上の三本線マークをタップします。
「設定」を選び「アプリの自動更新」をタップ、「Wi-Fi経由のみ」を選択すればOKです。

いずれの場合も、自動アップデートはWi-Fi環境だけで実行されるようにしましょう。

アップデートはスマートフォンの大切なメンテナンス

スマートフォンのアップデートについてお伝えしましたが、アップデートは大切なメンテナンスです。
なかなか忘れがちになりますが、皆さんをネットのトラブルから守る大切な役割です。

アップデートのこと、少しでも気にしてくださいね。