毎月の通信料金は安くなる!スマホの通信料金を見直すために 後編

(前回記事)毎月の通信料金は安くなる!スマホの通信料金を見直すために 前編

前回、スマホの通信料金は安くなるのか?というお話しでしたが、記事の公開後にauからも新しい定額料金サービスが発表されました。
いよいよ大手通信キャリア3社が、低価格料金設定でそろい踏みといったところですね。

今回はその通信契約の選び方についてお話しします。

低価格と通信品質を両立させるなら新・低料金プラン

今年の3月からスタートするといわれている大手通信キャリアの低価格料金設定は、従来の通信契約に新しく加わるサービスとなります。

NTTdocomo ahamo

au povo

ソフトバンク ソフトバンク オン LINE

毎月20GBのデータ通信に5分かけ放題の音声通信がセットになり、2,980円(税別)という、従来のサブブランド並、いやそれ以上にお得な金額設定となっています。
auのサービスでは、5分かけ放題などの音声通信がオプションとして分離されているので、通信スタイルに合わせて調整ができます。

毎月20GBのデータ通信であれば、ほとんどの人が満足できるボリュームだと思いますし、SNS利用や動画、ゲーム利用がメインの若者にとっては最適な価格設定ですね。

2021年3月より各社スタート予定の新料金プランですが、ひとつ難点をあげるなら、サービスの申込はインターネットでの受付のみとなっている点でしょう。
店舗での対応を省略することで、コストダウンに繋がっているのでしょうから、ある意味納得できるのですが、自分で契約手続きが出来ない人にとってはハードルがかなり上がります。

インターネットを使ってご自身で申込が出来る方や、周囲にアドバイスしてくれるご家族やご友人がいらっしゃる方には超おすすめです。

(おすすめできる方)
・大手通信キャリアをそのまま利用し、通信費を安くしたい方
・ネットを使い、自分で申込ができる方
・音声通話は多くないけど、SNSやゲームを毎日利用する方
・キャリアメールをそのまま使いたい方
・近いうちに5G回線を使いたい方

品質はこだわらず、とにかく安く抑えるなら格安通信SIM

大手通信キャリアの新価格プランはとても魅力的ですが、実際にスタートするのは3月以降。
しかも「予定」ですから、4月からの新学期に間に合うかどうかは微妙なタイミング・・・。

それまで待てないという方には、格安通信を選んではいかがでしょうか。
通信料金は3GBデータ通信の場合、1,500円程度が多いので、電話をかける機会はもちろん、データ通信もそこまで多くない方にとってはさらに通信費が安く済みます。

そして解約の2年縛りがなく、多くの場合数ヶ月でも解約可能なので、2月に格安通信で契約し、様子見。
3月以降、大手通信キャリアの新料金プランが出揃ってから、切り替えるというパターンもあると思います。

さらに格安通信会社も更なるお得な低価格プランを打ち出してくるかもしれません。
前回もご紹介した日本通信のプランでは、データ通信16GB(4月以降は20GB)+70分の無料通話混みで1,980円(税抜)というこれまた破格のプランが登場しています。

(おすすめできる方)
・とにかく通信費を安く抑えたい方
・仕事用などのサブ回線が必要な方
・子どもに持たせるスマホ回線が必要な方
・もっぱらLINEやメールばかりで電話をかけることが少ない方

さらに注目はサブブランドの動向

元々大手通信キャリアの廉価版であるUQモバイルやY!mobileといったサブブランド。
格安通信までは安くないにしても、通信品質の良さで人気がありましたが、本家がサブブランドと同等の価格まで下げてきたことで存在意義が問われています。

しかしUQモバイルは、新たに「くりこしプラン」という格安通信並の低価格プランを発表しています。
UQモバイル くりこしプラン

現時点ではY!mobileとして更なる低価格プランは発表されていませんが、サブブランドも本家に負けないような低価格プランを打ち出してくることは十分に考えられます。

2021年はスマホの料金を見直す絶好のタイミング!

大手通信キャリアによる新しい低料金プランの登場。そしてそれに伴いさらに安くなりそうなサブブランドなど、今年はスマホの通信費が安くなる年になることは間違いありません。

全体を比較してじっくり選びたいなら5月辺りまで待つのがベターですが、現在は2年縛りなどの制約がほとんどありませんから、ご自身で申込が出来るという方は、現在提供されている格安通信へシフトしてみてもいいかも。

ショップに行かないと分からないという方は、現在契約している通信会社さんに相談するのもありです。
適切な方法を提案してくれるかもしれませんよ。

昨年から続くコロナ禍において、家計の見直しは必然です。
とにかく今年こそは、スマホの通信料金を安くしましょう!