2020年のiPhoneはiPhone12miniが断然おすすめな理由

人気のスマートフォン、AppleのiPhoneシリーズが今年も発売されました。
2020年モデルはiPhone12シリーズとして、なんと4機種も発売されました。
今回筆者は4機種とも購入しまして、いろいろと使い比べています。
(撮影時には3機種ですが・・・)

iPhone12シリーズの概要については前回記事を参照していただくとして、今回はその4機種のうち、どれがおすすめなのかについてお話ししますね。

(前回記事)なんと4種類!iPhone12はどれを選ぶべきか?

iPhone12シリーズを比較するポイント

iPhone12シリーズはおおまかに2種類。
ノーマルのiPhone12とカメラを中心に高機能化したiPhone12Proの2ラインです。

【iPhone12ライン】
・iPhone12(大)
・iPhone12mini(小)

【iPhone12Proライン】
・iPhone12Pro(小)
・iPhone12ProMax(大)

と4種類になるわけですね。
ただiPhone12とiPhone12Proはほとんど同じサイズとなります。
ですからサイズは3種類準備されているということです。

スマホの基本スペックについてはRAMメモリやバッテリーサイズの違いはあれど、ほぼ横並びの性能だと考えていいと思います。

そうなると今回の4機種を比較するときに検討するポイントは2つ。
カメラ性能とサイズです。

カメラ性能で比べるiPhone12シリーズ

カメラ性能について、ノーマルのiPhone12およびminiのカメラレンズは広角レンズと超広角レンズの2種類。
12Proラインになるとさらに望遠レンズ+Liderと呼ばれる距離を測るセンサーが追加されています。

よりきれいで画角の広い写真や動画を撮りたいのであれば12Proラインから選ぶことになりますが、SNSに投稿したり、気軽に撮影する分に関してはノーマルiPhone12の2つレンズでも満足できるでしょう。

ということで、余程写真や動画のクオリティを求めない限りはどちらでもいいでしょうし、予算に応じて選んでいいと思います。

サイズで比べるiPhone12シリーズ

先述の通り、今回のiPhone12シリーズには3種類のサイズが用意されています。

一番サイズが大きいのは、6,7インチのディスプレイのiPhone12ProMaxですが、はっきりいって大きい!大き過ぎます!
これまでのPlusやMaxのサイズと大きくは変わりませんが、今回のデザインが角張っていることもあり、手にしたときに大きさが一際目立ちます。

中間サイズであるiPhone12とiPhone12Proは同サイズ。
素材感は異なれど、形状はほとんど同じなので、お店で売っている保護ケースやフィルムも共用です。

昨年のiPhone11や11Proに比べると、縦方向に若干サイズアップしていますが、手にしたときの違和感はそこまでありません。

最強のiPhone12は”mini”

そして最も小さいサイズは新たに登場したiPhone12miniです。
本体サイズはiPhoneSE2(iPhone8)よりも小さく、それでいて画面サイズは5.4インチとiPhone8Plusと同等です。
これはiPhone史上でも画期的なことだと思います。

サイズ的にも形状的にも大人気を博したiPhone4〜5の世代を彷彿させますし、その当時のコンパクトさが気に入っていたユーザーにとって、iPhone12miniは大歓迎でしょうね。

iPhone12miniのメリット

最大のメリットはそのコンパクトサイズでしょう。
実際に手に取ってみれば分かると思いますが、最高に手に馴染むフィット感はコンパクトなminiならでは。
そして何より軽いのです!

毎日、そして頻繁に使用するスマホですから、軽くてコンパクトというのは重要なポイントだと思います。
特に女性や手の小さい人には使いやすいスマホですね。

そしてもう一つ素晴らしいことは、コンパクトなのに最新かつ高性能のスマホであるということです。
他の3機種と同じくA14Bionicという非常に高性能なSoC(頭脳の部分)を搭載しているので、現時点では最強のスマホだと言っていいでしょう。

高性能なスマホは、それだけで長く使えますからね。
賢い選択でもあります。

iPhone12miniの弱点はある?

コンパクトで軽量、そして最高性能であるiPhone12miniですが、弱点などあるのでしょうか?

これはコンパクトであることの裏返しでもありますが、画面が小さいので、人によっては見にくい、操作がしづらいことが挙げられます。
特に老眼等が進むと小さい文字が読みにくい・・・なんてことはあるかも。

それでもiPhone8Plusと¥同じ画面サイズですからね。
小さすぎるということでもないと思います。

そしてバッテリー持ちも弱点と言えるでしょう。
本体がコンパクトな分、搭載できるバッテリーも小さくなりますので、その分バッテリーの減りは早く感じると思います。
しかもiPhone12miniを含めた今回の4機種はすべて新しいモバイル通信規格、5Gに対応対応していますので、スマホが5G通信を始めると、バッテリー消費はより大きくなります。

もっとも5G自体は普及し切れていない状態なので、この1〜2年は気にしなくていいかもしれませんが、覚えておいた方がいいと思います。

(前回記事)新型iPhoneで注目の5G通信について知っておくべきこと

デメリットを踏まえても、やっぱり推しはiPhone12mini!

今回はiPhone12miniについて、カメラ性能とサイズという観点でご紹介しました。
コンパクトさは最大のメリットですが、デメリットもコンパクト故のもの。
悩ましいところもありますが、実際に手に取ってみるとiPhone12miniの良さが分かると思います。

そして価格も7万円台からと、12シリーズ4機種の中では最もリーズナブルです。
特に現在iPhone7や8を3年くらい使っているという方は、miniの方が馴染むと思いますよ。

とにかく最新のiPhoneがほしい!
コンパクトサイズのスマホが好き!

という方は、迷わずiPhone12miniに決めましょう!
おすすめです!