なんと4種類!iPhone12はどれを選ぶべきか?

(AppleStoreより)

先日、Appleから新型スマートフォン、iPhone12シリーズが発表されました。
毎年のことながら、進化したiPhoneが登場していますが、今年のiPhone12シリーズはなんと4種類

・iPhone12(6.1インチ)
・iPhone12 mini(5.4インチ)
・iPhone12 Pro(6.1インチ)
・iPhone12 Pro Max(6.7インチ)

昨年のiPhone11シリーズも3種類存在しましたが、今回は新たに小さいサイズの「ミニ」が加わりました。

その中からiPhone12とiPhone12Proの2機種が先行して10月23日に発売となり、11月13日にMiniとMaxが追って発売となります。

iPhone12シリーズの概要


(AppleStoreより)

iPhone12シリーズは、ざっくり分けると2種類。
iPhoneシリーズの基本となるスタンダードのiPhone12と、そのサイズ違いとなるiPhone12 mini。

そしてカメラ性能を中心に機能をグレードアップさせたiPhone12 Proとサイズ違いのiPhone12 Pro Maxと分けられます。

サイズとカメラ以外の基本性能は共通しています。
脳みそとなるCPUは4機種とも共通で、A14 Bionicという高性能なCPUが搭載されています。
動作に直結するRAMメモリはProの方が6GBと、差別化が図られています。

また画面サイズは異なりますが、Super Retinaと呼ばれる、いわゆる有機ELディスプレイが採用されています。
若干明るさが異なるようですが、おそらく違いがわからないくらいの差だと思います。

さらに4機種とも新しい通信規格である5Gに対応しています。
(5Gについては後日記事にしますが、現時点では普及率もかなり低く、あまり5Gを気にしなくていいと思います。)

つまり今回のiPhone12シリーズは4機種ありながらも、基本性能は同じだということですね。
あとはサイズとカメラ機能によって、選べばいいということになります。

スタンダードとPro、カメラの違い

それではスタンダードなiPhone12とProの違いであるカメラ性能について簡単に解説します。
スタンダードのiPhone12とminiに搭載されるのはiPhone11と同様のデュアルレンズ。
広角と超広角のレンズを搭載し、これまで同様美しい写真を撮ることが出来ます。
またどちらのレンスにもナイトモードが搭載されているので、夜間でも奥行きのある豊かな映像が再現できます。

一方Proシリーズはスタンダードのデュアルレンズに加え、望遠レンズが加わったトリプルレンズとなっています。
さらにProシリーズには「Lidar」と呼ばれるスキャナーが搭載されており、いわゆる奥行きを正確に測定します。
その効果はAR(拡張現実)アプリ等で発揮。例えば部屋の中に家具を置くシミュレーションがiPhoneの画面内で正確に再現できたりします。

動画撮影についても手ぶれ補正などの機能が強化されており、ディスプレイの画質向上と相まって、見やすくて美しい動画を撮影できるでしょう。

一番人気はiPhone12とmini

今回発表されたiPhone12シリーズ4機種のうち、「最も売れる!」と予想されるのは「iPhone12」と「iPhone12 mini」だと思います。

基本性能は上位機種であるProシリーズと変わらないのに、価格はiPhone12が85,800円、miniが74,800円(いずれもAppleストア価格、税別)からとなっており、従来のiPhoneと同じ価格帯です。

まぁiPhoneってお値段高め(笑)なので、少しでも安めの方がいいと思いますし、これだけの高性能なスマートフォンが10万円未満で買えるのはリーズナブルでもあります。

とにかくiPhoneがほしい!という方にはスタンダードなiPhone12をおすすめします。

スマホはコンパクトな方がいい!という方にはiPhone12 miniがおすすめです。
コンパクトでも基本性能は上位機種と大きな差はありません。

iPhone12 miniとPhone12 Pro Maxは11月発売

とにかく選択肢が広がったiPhone12シリーズ。
しかしiPhone12 miniとPhone12 Pro Maxは11月発売となっています。

すぐにでも新しいiPhoneをゲットしたい人も、11月になり4機種すべてが手にできるようになってからでも遅くはないと思いますよ。

高いお買い物になるので、じっくり比較検討し、自分に合ったiPhone12を見つけてくださいね。