ドコモ口座のトラブルは他人事ではない!IDやパスワードを守る意識

今月に入り、ドコモ口座を発端に発覚した銀行口座の預金不正引き出し事件。
被害に遭った金額はそこまで大きくないものの、まったく気づかないところで預金が引き出されてしまうのは気味悪いし怖いですよね。

この事件は、犯人が何らかの方法で得た銀行口座情報(氏名、生年月日、口座番号等)を基に、
成りすまして「ドコモ口座」のアカウント(会員)登録をし、銀行口座からドコモ口座へお金をチャージさせるという手口でした

ドコモ口座は比較的簡単に口座を作ることができ、そこへ送金するための銀行口座への関連付け作業(銀行側の確認システム)も大掛かりなものではなかったようです。
その点でいえば、ドコモ口座のシステムセキュリティや銀行側のセキュリティの甘さが、今回の事件の一端であります。

ただ今回の不正引き出し事件で怖いのは、被害者の多くはドコモユーザーではない・・・つまり「ドコモ口座」を持ってる人が狙われたのではなく、
ドコモやドコモ口座とは関係なく被害に遭っているということです

ですから今回のニュースを聞いて、

「私はドコモじゃないから関係ない」
「ドコモ口座とか持っていないから関係ない」

ではなく、今回被害に遭った銀行の口座を持っている人であれば、今後も被害に遭う可能性があるのです。

トラブルの要因にはユーザーにも

誰でも被害に遭う可能性があるというのは実に怖いものですが、そもそも犯人はどうやってドコモ口座を作ることができたのでしょうか?
ドコモ口座は、ドコモユーザー以外でも作成することができます。犯人は氏名や住所といった個人情報を基にdアカウントおよびドコモ口座を開設したのでしょう。
そしてお金をチャージするための銀行口座の関連付け作業も入手した銀行口座やログインパスワード、カードの暗証番号を利用して行ったのだと思います。

その個人情報はどこから漏れたのでしょうか?
ユーザーが利用しているインターネットサービスの登録情報が盗まれたのかもしれませんし、迷惑メールや詐欺メールについつい反応してしまい、
だまされたことに気づかず自らパスワード等の重要事項を漏らしてしまったかもしれません。
皆さん、身に覚えはありませんか?

簡素な登録プロセスで開設できるドコモ口座。
同様に個人情報の確認だけで口座紐づけができた銀行。
この二つの「甘さ」がトラブルの大きな原因であることに変わりはありませんが、個人情報を漏らしてしまった私たちユーザー側にも「甘さ」があると思います。

そもそも個人情報が洩れてなければ、ドコモ口座を作ることはできないのですから・・・。

まずは自分の口座を確認する

今回の事件は、成りすまし犯によって勝手に行われているので、ある意味対処のしようがないとも言えますが、まずは下記リンクに記載の銀行口座を持っている方は、念のために通帳記入で入出金を確認されたほうがいいと思います。

ドコモ口座の対応金融機関

「ドコモ口座」と覚えのない支出が記載されていなければ、まずはセーフ。
ですが、今後も絶対ないとも言えないので、当面の間は口座をチェックすることをお勧めします。

より一層気を付けたいパスワード等の重要情報管理

先にも記しましたが、銀行口座の関連付けの際に銀行の口座番号やネットバンキングのログインパスワード、キャッシュカードの暗証番号が盗まれた可能性があります。
不安な方はパスワードを変更するなどの対処をすればより安心だと思いますが、いずれにしてもパスワード等の重要情報は厳密に取り扱ってほしいと思います。
自宅にメモしておいておいたり、家族に管理してもらうなどして、パスワードは厳重に管理してくださいね。

またパスワード忘れないために、誕生日等の個人情報を盛り込んでいたり、同じパスワードをいろんなところで使いまわしているケースもありますよね。
個人情報が絡んだパスワードは比較的バレやすい傾向にありますし、パスワードの使いまわしは一か所でも漏れたら、芋づる式にバレてしまうことになります。

パスワードは英数字(大文字/小文字)を組み合わせ、できるだけ複雑で変則的なものにしましょう。

ちなみに世界で一番多く使われているパスワードは「PASSWORD」だそうです(笑)
いやいや笑い事ではありませんが、誰でもが予測できるような安易なパスワードはダメですよ!

インターネットトラブルは他人ごとではなく「自分事」

現在はスマートフォンのバーコード決済が人気ですが、インターネットを利用してお金を取り扱うことは、かなり安全になったとはいえ、まだまだリスキーな点も拭えません。
それはサービス提供者や金融機関だけではなく、利用する私たち自身のセキュリティの甘さも関係しています。

今回のドコモ口座の不正出金事件を対岸の火事として受け止めるのではなく、無関係であるはずの自分にも起きうるんだと考えるべきです。
インターネットやスマートフォンの取り扱いなど、すべては「自分事」としていただきたいと思います。