新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ接触確認アプリ COCOA

新型コロナウイルスの影響により、自粛を求められていた「県をまたいでの移動」について、6月19日(金)に解禁となりました。
ウイルスがなくなった訳ではありませんから、今後も3密を避けたり、ソーシャルディスタンスを意識した行動は必要でしょうけど、それでも行動範囲が広がることは素直に喜びたいですね。

その自粛解禁と連動するように公開されたのが、今回ご紹介する接触確認アプリ「COCOA」です。

接触確認アプリとは

接触確認アプリとは、新型コロナウイルス陽性者と接触した可能性を知らせてくれるアプリです。
COCOAは厚生労働省がリリースしたものです。

新型コロナウイルスに感染した人は、アプリを使って感染事実を登録します。
陽性者のスマホ情報は厚生労働省がデータとして管理されますが、陽性者のスマホと1メートル以内、15分以上近くにいた場合、接触確認アプリからお知らせが届くことになります。

要は新型コロナウイルスに感染した人と近くにいた場合、アプリがそのことを教えてくれるというわけです。

ただ、いつ、どこで、誰と接触したのかまでは表示されません。
「陽性者と近くにいたよ!」という事実だけが通知されるので、通知があった場合は接触外来等で速やかに検査を受けるようにしましょう。

接触確認アプリのインストール

App StoreまたはGoogle Playストアにて「接触確認アプリ」と検索し、インストールを行います。

Androidスマホの方はこちら

iPhoneの方はこちら

インストールが完了したら、アプリを起動しましょう。

初回の起動の際に、規約やプライバシーに関する情報が表示されますので、確認をしながら先に進めましょう。

また接触確認アプリは、スマホのBluetooth機能を使います。
もしお使いのスマホのBluetoothが無効になっていたら、アプリから「有効にする」をタップし、切り替えます。

新型コロナウイルス陽性者との接触確認

接触確認アプリを起動すると、基本画面が表示されます。


基本画面の一番上にある「陽性者との接触を確認する(14日間)」をタップすると、直近の14日間で陽性と登録した人との接触があったかの結果が表示されます。

「陽性者との接触は確認されませんでした」であれば一安心ですね。

もし陽性者との接触があった場合は、その旨表示されますので、速やかに接触が依頼のある最寄りの病院で検査を受けてください。

もしあなたが陽性者だった場合

もしあなた自身が検査等で新型コロナウイルスに感染している「陽性者」だった場合は、この接触確認アプリで「陽性情報の登録」を行ってください。

あなたの個人情報や、あなた自身が不利益になるような情報は一切記録されません。
知らず知らずのうちに、身の回りの人に新型コロナウイルスを感染させないためにも登録を行いましょう。

アプリがあるからといって油断は禁物

ここまで接触確認アプリ、COCOAについてお話ししました。
ぜひ皆様もこのアプリをスマホにインストールし、新型コロナウイルスを広げないようにご協力ください。

ただアプリをインストールしたとしても、3密を避ける行動や、ソーシャルディスタンスを意識した行動は忘れないでくださいね。
接触確認アプリは注意喚起のためのアプリですから、多くの人が使うことで感染防止の意識も高まると思います。

そして以前のような活気のある毎日が訪れることを期待しながら、明るく過ごしたいですね。

※今回ご紹介した接触確認アプリ「COCOA」は、令和2年6月27日時点で試行版となっております。
以後アップデート等が行われた場合、記事の画像の内容が異なる場合がありますので、ご注意ください。