これまた売れそうな予感・・・新型iPhoneSE レビュー

出るぞ出るぞと噂になっていた新型iPhoneSEが4月に発売となりました。
今回は話題のiPhoneSEについてプチレビューを交えながらご紹介したいと思います。

iPhoneSEとは

世界中の人々を魅了するスマートフォンとして名高いiPhoneですが、発売から10年が経過する中で様々な進化を遂げています。
その進化の過程で、本体サイズは大きくなり、価格も高額になりました。
そんな中、旧型iPhoneの躯体にパワフルなCPUを採用したスペシャルエディションが登場しました。
それがiPhoneSEです。

初代iPhoneSEは2016年に発売され、iPhone5Sの小型ボディに6Sの高性能CPUを搭載したということで人気を博しました。
また価格もリーズナブルで、2019年まで売れ続ける大ヒットiPhoneの一つとなりました。

サイズもコンパクト、価格もコンパクト。
これがiPhoneSEシリーズの大きな魅力となっていました。

そして初代iPhoneSE発売から4年が経った2020年4月に新しいiPhoneSEが登場したのです。

新しいiPhoneSEの魅力

新型iPhoneSEのボディは、2年半前に発売されたiPhone8とほぼ同じです。
ディスプレイのサイズが4.7インチということで、4インチだった初代iPhoneSEに比べると大きくなっています。

最新のiPhoneシリーズは6インチ前後とかなり大柄なサイズばかりですから、それに比べるとコンパクトではありますけどね。

写真はiPhone11Pro(左側)との比較。
新型iPhoneSE(右側)の方が若干スマートです。

そして中身がすごい!
最新のiPhoneシリーズと同じくA13Bionicという非常に高性能SoC(頭脳の部分)が搭載されています。
バッテリー持ちを考慮してか、若干パワーは抑え気味のような感じもしますが、普通に使っていてほとんど分からないレベルだと思います。

それでいて価格はかなりリーズナブル!
一番安い64GB版で44,800円(税別)というのは驚きの安さです。

筆者は歴代すべてのiPhoneを使用してきましたが、ここまでコスパのいいiPhoneはこれまでなかったと思います。

つまり新しいSEも「サイズもコンパクト、価格もコンパクト」が最大の魅力となっています。

SoC以外はiPhone8と同等

確かにSoCは最新のiPhone11シリーズに匹敵するものですが、カメラを始め、基本的なハードウェア仕様はiPhone8と同等です。

カメラは単眼レンズ。
置くだけ充電&急速充電対応。
タッチID(指紋認証)。

細かい性能はiPhone8より向上していますが、使い勝手に関わる多くの部分はiPhone8と同等だと思ってください。

現行iPhoneでは唯一のTouchID!

最新のiPhone11シリーズは、すべてFaceID(顔認証)となっています。
この顔認証は、両手が塞がっているような時でも画面を見るだけでロックが解除できますので、慣れれば大変便利な機能です。

しかし現在のようにマスク着用の機会が多いと、顔が塞がるため、顔認証が利用できなくなります。
だからといって毎回マスクをずらしたりするのは面倒です。

こういうときは、新型iPhoneSEに搭載されているTouchID(指紋認証)が便利ですね。

カメラ機能も向上してるけど・・・

スマートフォン利用の中でも結構重要視されるのはカメラ性能・・・つまり「写真のきれいさ」ですね。
先述の通り、SoCが最新のiPhone11シリーズと同等ということで、画質や画角についてはSoCに含まれているAI(人工知能)が適宜調整してくれます。

しかしレンズそのものはiPhone8ですので、iPhone11シリーズには及びません。
暗い場所での撮影に対応するナイトモードは新型iPhoneSEには搭載されていません。

写真や動画のクオリティが気になる方は、iPhone11シリーズとしっかり比べてみることをおすすめします。

新型iPhoneSEはどんな方におすすめか

新型iPhoneSEの最大の魅力はコスパにあります。
向こう数年使い続けることができる基本性能を持ちながら、とにかく価格が4万円台からというのは魅力です。
ですので、とにかくiPhoneを使いたい!だけど安く買いたい!という方には最適なチョイスだと思います。

あるいはAndroidのスマートフォンをメインで使っている方が、とりあえずiPhoneも使ってみたい!と思われるなら、これも新型iPhoneSE一択になると思います。

またコンパクトサイズということで、6インチ以上の大画面スマートフォンを使っている方のサブ運用もいいと思います。

まとめると・・・
・初めてのiPhone
・とにかく安くiPhoneを使いたい!
・コンパクトなiPhoneがいい!
・顔認証より指紋認証がいい!

こういう方々には新型iPhoneSEがおすすめです。

新型iPhoneSE、ここが気になる・・・

歴代iPhoneの中で最もコスパの高い新型iPhoneSEですが、ちょっと気になる点も多々あります。

一つはカメラ性能です。
SoCは最新とはいえ、レンズやカメラそのものは、2世代前のiPhone8です。
写真や動画の撮影をフルに楽しみたいという方や、できるだけ長く使いたいという方には、その点を考慮し、iPhone11シリーズとしっかり比べて欲しいと思います。

現在は3万円台のAndroidスマートフォンでもカメラのレンスは2つ3つ付いています。
レンズがたくさん付いているからといって画像がきれいとは限りませんが、コスパという観点であれば、同じ価格帯のAndroidのスマートフォンも検討してみましょう。

もう一つ気になる点はバッテリー性能です。
元々iPhoneシリーズはバッテリーセーブに優れたスマートフォンですが、コンパクトな分、バッテリー容量も小さくなります。
このことはバッテリー持ちに大きな影響を与えます。

筆者もこの1ヶ月ほど、新型iPhoneSEを使用していますが、同時に持ち歩いているiPhone11Proと比較してもバッテリーの減りが早く感じます。
ゲームや動画等のバッテリー消費が激しいアプリをよく使う方は、バッテリーの持ちにも気を配った方がいいですね。

とはいえ新型iPhoneSEは魅力的!

さて、新型iPhoneSEについていろいろとお伝えしてきましたが、廉価版iPhoneとは言わせないだけの魅力が詰まったスマートフォンであることに変わりはありません。

とにかくお求めになりやすい価格設定は素晴らしいの一言。
お子様に持たせるスマートフォンだったり、仕事用のサブスマートフォンだったりと、価格が安い分気軽に購入検討できますからね。

次のスマートフォンを検討されている方は、参考にしてくださいね。