画像検索が便利に!スマホで使えるGoogleレンズ活用法 その1

今回はGoogleが提供しているサービス、Googleレンズについてお話ししたいと思います。

Googleレンズとは

Googleレンズはお得意の検索サービスをより分かりやすい形で提供するサービスで、スマホのカメラや画像を活用した「画像検索」のひとつです。
通常Googleで検索をする場合は、検索するキーワードを入力し、検索結果を求めますが、Googleレンズを利用すれば、文字入力をしなくても検索が可能です。

「文字入力をしなくても?」

例えば難しい漢字だったり、英語圏以外の外国語だったり、つまり読み方が分からない言葉だったりすると、入力そのものができませんよね。あるいは道ばたに咲いている花だったり、名前が分からない限り入力ができません。
そうした時に役に立つのが、画像検索なのです。

Googleの画像検索は以前から提供されていましたが、スマートフォンで画像検索をしようとすると、手順が難しく、誰でも気軽に利用できる雰囲気ではありませんでした。
今回のGoogleレンズは、その画像検索をスマートフォンで気軽に検索ができるようになった、「最新版画像検索」といえます。

Googleレンズという機能は昨年より提供されていましたが、利用できる機種は一部のAndroidスマートフォンのみと、とても限定されていました。
5月末よりiOS端末、つまりiPhoneシリーズでも利用できるようになっています。

Googleレンズを利用するには

Googleレンズを利用する方法はいくつかあります。

Googleレンズアプリ

Googleアプリの検索

・カメラアプリ

Googleフォトアプリ

まずGoogleレンズアプリは、現時点で一部のAndroidスマートフォンでのみ利用できます。まだ対象機種が少ないため、現時点では皆さんのスマートフォンへのインストールはできないケースがあると思います。

スマートフォンのカメラ機能を活用したレンズ機能もありますが、これも最新版のAndroidである必要があるので、利用できないという方の方が多いと思います。

iPhoneの方は検索用のGoogleアプリを利用することになります。

Googleアプリを起動し、キーワード入力窓右側にあるGoogleレンズマークをタップすることで、Googleレンズ機能を持ち合わせたカメラ画面に変わります。

以上の3つの利用方法は、スマホのカメラを使ってその場で検索する場合に有効です。その場で検索を行うことを「ライブ検索」といいます。

一方で、既に撮影済みの画像から検索をする事が可能です。
その場合は、Googleフォトアプリを使用します。

Googleフォトにて検索したい画像を選択し、Googleレンズボタンをタップすることで検索が行われます。
Androidスマートフォンの方とiPhoneの方で、その場で検索を行うライブ検索をしたい方は「Googleアプリ」

撮影済みの静止画から検索する場合は「Googleフォトアプリ」

ということをイメージしてください。

今後のアップデートで、すべての機種が同じような使い方でGoogleレンズが使えるように統合されると思います。

次回はGoogleレンズ機能を使ってどんなことが検索できるのかについてお話ししたいと思います。