賢い主婦のスマートフォン講座 -格安通信のメリットとデメリット 1-

・前回の記事
賢い主婦のスマートフォン講座 「格安通信でどれくらい節約できる?」

前回は格安通信会社との契約で、毎月の通信費がどれくらい安くなるか?という料金シミュレーションをご紹介いたしました。
契約内容によっては従来の通信費が半額以下になる場合もあるということで、毎月の通信費を安く抑えたいという方には断然おすすめ!ということになります。

通信費が安くなることは分かりましたが、ここまで安いと品質が悪いのでは?などご心配な点も出てくると思います。
格安通信のメリットとデメリットとはなんでしょうか?。
今回と次回の2回に分けて、格安通信のメリット、デメリットについてお話しします。
格安通信のメリットとデメリットを知り、次のステップへの検討材料にしていただけたら幸いです。

格安通信のメリット

1.通信費が安い!
通信費が安いことは格安通信の最大のメリットです。前回のシミュレーションでもお伝えした通り、1回線でも半額以下になり、家族で数回線の契約となるとかなりの節約に繋がります。

2.不要なオプションをつける必要がない
大手通信会社で契約をする際に、使わないようなオプション加入が必要になる場合があります。例え毎月数百円でも、毎月払い続ければ大きな金額になります。

格安通信では契約するコースがとてもシンプルなので、とても分かりやすい上に、ムダなオプションの加入を求められることもありません。

3.2年縛り」の契約ではない
大手通信会社でできるだけお得に契約する際、2年間継続が基本となっています。
約束のタイミング以外で解約すると違約金を払わなくてはなりません。
格安通信会社では数ヶ月から、長くても1年と、契約の縛りが短くなります。

またデータ通信のみの契約であれば、いつか違約しても違約金は発生しません。

4.いろいろなスマホ機種を選ぶことができる
通常、スマートフォン本体は、契約時に同時購入することが多いのですが、基本的にその会社で取り扱っている機種の中からしか選ぶことができません。
格安通信であれば、「SIMフリー」機種を使用することができます。

現在多くのSIMフリースマートフォンが販売されていますので、好みの大きさや形を選ぶことができます。(一部使用できない機種もあります。)

以上が代表的なメリットです。

一番のメリットは通信費の安さですが、契約内容がシンプルで、多様な機種を使えるということで、選択肢が増えることは素晴らしいと思います。

良いことずくめの格安通信ですが、デメリットは無いのでしょうか?
次回は格安通信のデメリットについてお話ししたいと思います。

次回へ続く