冬の必需品、加湿器の選び方

いよいよ秋も深まり、冬の訪れを感じさせる季節になりましたね。
この時期寒さはもちろん、気になることは空気が乾燥することです。
室内の空気が乾燥すると、肌や目が乾燥したり、インフルエンザのようなウイルス性の病気にかかる可能性が高くなります。
室内の乾燥対策はいろいろありますが、加湿器を使用することで簡単に乾燥対策が可能になります。

エアコンや空気清浄機の中にも加湿機能があるタイプもありますが、複数のお部屋に置くならば単体の加湿器の方が使い勝手がありますよ。
しっかり潤うのは加湿器のメリットですし、最近の加湿器は運転音も静かで消費電力が少ない対応も増えているため経済的。

この季節、家電量販店などでもたくさんの加湿器が販売されていますが、どれを選べばいいのでしょうか。
機種選びのポイントは加湿方式の違いです。

加湿器の選び方

大きくは3つの方式に分けられます。

・気化式

水を含ませたフィルターに風を送り込み加湿する方式。送風により湿気を部屋の空気に送り込む方法なので、消費電力が低く、電気代が抑えられます。
湯気も出ないので噴き出し口が熱くなることも無く、小さなお子様がいる家庭でも安心ですね。
ただ他の方式に比べ、加湿効果がやや遅いことと、送風時の運転音が大きめではあります。

・超音波式

超音波で水を霧状にし、部屋に水分を送り込んで加湿します。空気中に霧吹きで水をシュッ!と吹き出すようなイメージになりますね。
超音波式はコンパクトな形状の加湿器が多く、卓上や狭い部屋にも気軽に置けます。
運転音も静かで消費電力も少なめですが、使用する水によってはカルキ類や雑菌を噴出することもあるので、清掃などのメンテナンスは必要です。

・スチーム式

ストーブの上にやかんを置いてお湯を沸かすように、水分を加熱し、蒸気として空気を加湿する方式です。
熱を持つことで、室温を下げること無く加湿することができ、比較的清潔な状態を保つことができます。
加熱する分、消費電力が高く、加湿器の中では一番電気代がかかるかもしれません。

上記の加湿方式を組み合わせたハイブリッド式もあります。

主に気化式で、吹き出す空気を加熱する「気化式ハイブリッド」や、超音波式式で加熱を加える「超音波ハイブリッド」と2タイプがあります。

お子様の部屋には、熱を持たない気化式加湿器。自分の部屋でリラックスしたいときに、水にアロマオイルを数滴落として使える超音波式を選ぶなど、加湿器を選ぶ際は、使用するお部屋によって選んでみてくださいね。