新しい気持ちで迎えるお正月

もーいくつ寝るとーお正月ー♪

いよいよ2021年がやってきますね!

今月の22日からは風の時代に入ったそうですね。知性や精神性、情報など、目に見えないものの価値が上がる時代だと言う事ですが、2020年にコロナで心がざわざわしたぶん、心を自由に開放したいものですね。

私はお花屋さんに勤めていて自身でもお花の仕事をスタートさせたこともあり、クリスマス以降ドタバタしていて全然心落ち着ける状態では無いのですが、、どんなに眠たくてもお花を手にすると目が覚めると言うか、不思議なものです。やはり癒されています。

仕事納めして大掃除して、買い物行って、、最後に綺麗になったおうちにお花の準備をしましょう!きっと心が落ち着きます。

お正月のお花といえば松竹梅、千両、南天、菊、葉牡丹など。”幸せを運んでくる”という花言葉を持つ胡蝶蘭や春のお花を合わせても素敵です。

最近ではしめ飾りも伝統的なものからおしゃれなインテリア風のお飾りまでいろいろありますが、伝統的なものにはそれぞれに意味が込められています。一年に一度思い出しながら飾ってみるのも良いのではないでしょうか。

不老不死や長寿

真直ぐな心と生命力の象徴

希望

長寿

千両

南天難を転ずる

葉牡丹良いことが重なる

裏白後ろ暗い事がない、邪気を払う

松竹梅に南天の赤い実と水引き飾りを。水を張った浅いお皿に。

とてもシンプルです。お正月の朝、目を向けた時すっと背筋が伸びる様な清らかな気持ちになります。お正月は静かに過ごしたい方や、普段から最小限のモノでの暮らしを好まれる方のおうちにぜひ。(おすすめ:玄関、リビングなど)

桐箱に色とりどりのお花が詰まったアレンジメント。

小さくても華やです。大勢で集まることが難しい年でも明るい気持ちでお正月を!家族とだけの食卓でもおせち料理と一緒に並べてウキウキした気分に。食卓に飾る場合は酔っ払ってお箸をつけない様にしなくてはいけませんね。(おすすめ:手土産、食卓)

特別豪華に飾るも良し、普段使いの器に縁起物を使ってみるも良し、少しのお花をお正月の小物と並べるだけで新年のしつらいになりますよ。お花を飾っていつもの空間を少しでもお正月らしく、気持ちよく新年を迎えませんか。

どうぞ良いお年をお迎えください。