暑い季節にぴったり涼しいお花

梅雨が明けて夏らしい暑さになりましたね。マスクが堪えます。。

最近、Instagramで花を浮かべた手水舎、花手水の写真をよく見かけます。

お寺や神社に入ってすぐにある参拝前に合わせる手を清める手水舎です。涼し気で、なんだか気持ちが安らぎませんか??#花手水(読み方:はなちょうず)でタグると6.5万件投稿されていました!

花を浮かべるだけならお家でも簡単にできますね!さっそくインテリアに取り入れましょう!

と言っても洗面台はダメですよ。手が洗えませんからね(言われなくてもわかりますね、失礼致しました笑)

浮かべたり、花先を少し出しても、全て水の中に入れてもオッケー!お子様と一緒にやってみるのも楽しいですよ。ぜひやってみてください。

果実を使う

果実と一緒だとよりみずみずしく感じます。

フランスではお花と一緒にフルーツや野菜がさり気なく飾られていてとてもおしゃれです。食材としてだけではなく、素敵なインテリアです!マルシェの野菜たちもなぜかおしゃれに見えませんか?

花束を飾るときも、ガラス花器に実やアイビーなど蔓性の植物を沈めて飾っても素敵なんですよ!(お水換えは必須ですが)お客様をお迎えする時などにやってみてください。

グリーンだけで

お花がなくても涼し気ですね。

お庭からちょっとカットして水につけるだけ。水をはれる器であればなんでも大丈夫ですが、ガラスの器がおすすめです。

結婚式の装花で

シリンダー状やまるいかたちの花器にお花が入っていてキャンドルが浮いていたりするあの装花です。見かけたことありませんか?

実は予算削減できたりもします。サブマージフラワーと言われています。私は水中花の方がピンときますが。。

少ないお花でも水に入れるとちょっと大きく見えるし貝殻やビー玉を花留めにすると更に夏らしくなりますね。

もちろん造花でも

蓋の付いた容器を使えばハーバリウムみたいです。特別なオイルを買う必要が無くてお手軽です。

造花が浮いてくることを防ぐためにベビーオイルを使用してもよいのですが、可燃性がありますので水をおすすめします。洗うのもラクですしね。

お部屋の雰囲気に合わせてお花を選んでみてくださいね。

最近のマンションだったら洋ランやカラー、、和風のお部屋だとあじさい、水草、グリーンだけでなんて想像したらわくわくします!

さあ、みなさんのお家ではどんなお花を浮かべますか?