フランスの家庭のクリスマスデコレーション

ジングルベルジングルベル鈴が鳴る〜♪
今日は楽しいクリスマス♪

今年はコロナ禍で、いつもとはちょっと違ったクリスマスだとは思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私のもとには、フランス人の友人から、彼女の家のクリスマス飾りの写真が送られて来ました。
カトリック信者の友人にとって、クリスマスは一年の中でも最も大事な行事だとのこと。
手先が器用なこともあり、飾り付けには毎年かなりこだわっているんですよ。

せっかくなので今日は皆さんに、本場のクリスマスデコレーションをシェアしたいと思います!
ぜひお楽しみください。

まずはこの特大サイズのツリーから。

とにかく大きいです!
我が家にこんな大きなツリーがあったら収納場所に困ってしまいます(笑)

25日の朝には、このツリーの下に、沢山のプレゼントが置かれているんでしょうね。

ちなみにこの写真は去年、自宅ではなくスキー場の別荘に行っていた時の写真だそうです。
これで家族7人分のプレゼントです!
あまりの数にびっくりしますね。
でも、決して彼女の家が特別ではなくて、フランスではどんな家庭でも、プレゼントは家族で送り合う物なので、みんないくつももらえるそうですよ。

家族全員の名前入りのオブジェはフランスの流行りなのかな?
こういう名前入りのオブジェは、クリスマスだけでなく、彼女の家で時々目にしますね。
今までマスクを付ける習慣がなかったフランスでも、今年はサンタさんもマスク着用です!

こちらは彼女が自分で絵を描いて作ったタペストリーです。
器用と言うか、もはや芸術家ですね。

絵だけではなくて、ライトをつけるところがまたおしゃれ!

聖歌隊のオブジェ。
こう言うタイプの飾りは、日本にはあまりなさそうですね。

キャンドルもフランス人にとって、クリスマスだけではなく、日常にも欠かせないアイテムです。
赤いキノコが可愛い。
我が家ではキャンドルは、何日か火を付けたら、あとは忘れてしまっていることがほとんどですが、フランスではキャンドルを灯す時間をとても大切にしてるそうですよ

今回はフランス人家庭のクリスマスデコレーションをお届けしましたが、いかがでしたか?
私達日本人の、上部だけのクリスマスとはやはり違って、1つ1つの飾りに、神様に対する気持ちが込められているなぁと感じてしまいます。

フランス人のクリスマスの過ごし方は、昨年の記事にも書いているので、ぜひそちらも合わせてご覧くださいね。
海外のクリスマスは終わらない?

メリークリスマス!