ソファーカバーで冬の寒さを乗り切る!

築47年の一軒家の我が家。
引っ越しをして来て、まもなく7ヶ月になります。
しかし、キッチンはだいぶ整ったものの、他の部屋には相変わらずほとんど物がありません。

寝室なんて、目覚まし時計と箱ティッシュしか置いていないので、寝る時に何だか旅館に泊まっているような錯覚に陥ることも・・・

最小限な物で暮らすミニマリストも流行りではありますが、私は本当はどちらかと言うと、シンプルな中にも小物やお花をちょこちょこ飾って、室内に何気ない変化をもたらすことを、心地よく感じるタイプです。
なのに、未だに押入れなど基本的な収納場所の整理が終わらず、なかなかインテリアまで手が回らない状態です・・・

夏の間はとっても涼しげだったこの白いソファースペースも、太陽の光が弱くなった今では、寒々しさを感じるばかり。
ただでさえ古い家で室温が低いので、さすがにこれは何とかしなくてはいけません。

そもそも、このソファーは引っ越しを機に実家から譲り受けた物で、以前は団地住まいだったこともあり、家にソファーを置いたことがなかったんです。
それで、ソファーカバー を探そうと思っても、結構大きなレザーソファーなので、どこでどんなカバーを買えば良いのか見当が付かず、どうしようかなと悩んでいるうちに11月も終わりに近づいてしまいました。

そこに救世主が!
実家に眠っていたベッドカバーを見つけ出して、試しにかけてみました。寂しかった室内にお花畑が出来ました!
畳の部屋の雰囲気にもぴったり、ベッドカバーなのでサイズも大きく、少々のことでずれたりすることもなさそうです。
たった1枚の布で室内にも温かみが出て気分もほっこりです。

やっぱり室内を飾るって楽しいなぁと感じたひとときでした。